読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

作家
石井光太
出版社
文藝春秋
発売日
2019-09-27
ISBN
9784163911038
amazonで購入する Kindle版を購入する

「本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式」のおすすめレビュー

貧困にあえぐ人々の根底に横たわる「心のガン」

『本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式』(石井光太/文藝春秋)

 貧困は自己責任なのだろうか? ネット上でたびたび起こる激しい生活保護バッシングやホームレスに対する自己責任論。バッシングのベースには、「自分の意思で自由に道を選択し続けた結果」その人の今の人生がある――貧困に陥ったのは怠惰で、社会性に欠け、お金を管理できない本人に問題があるからだ。そんな感情があるのかもしれない。だが果たしてそれは本当なのだろうか?

 国内外の「貧困」の現場を取材し続けてきたノンフィクション作家・石井光太さんが上梓した『本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式』(石井光太/文藝春秋)は、数々の衝撃的な事実とともに、貧困問題の本質をえぐり出す。ここではその一部を取り上げたい。

■「心のガン」ともいうべき「自己否定感」

 世界第3位の経済大国である日本。しかし十数年前に比べて「中流層」が激減して格差が広がり、日本は先進国のなかでも高い「相対的貧困率」を示す。相対的貧困とは、年間の等価可処分所得の中央値の半分以下、金額でいうと122万円未満(一人世帯の場合)の生活を強い…

2019/10/21

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

zero1

貧困は自己責任?何故、貧困が悪循環に繋がるのかを17歳向けに述べた本。自己否定が【心のガン】と著者は訴える。進学できず貧困が次の世代に継承される。だが救いはある。無料塾やこども食堂、【頼れる大人】による活動も紹介。人身売買や売春、違法薬物や各国のスラム、貧困ビジネスなどシビアな現実も描かれている。【「無関心」という核ミサイル】は心に刻みたい。凡人でも世界は変えられる。【当事者パワー】は偉大。間違いなく今年のベスト本候補。多くの人に読んで欲しい。

2021/11/30

ずきん

YA 柔らかな語り口で、日本や欧米の客が「わあ、ハンバーガーセットより安い♪」と小学生くらいのカンボジア少女を買春する話までガッツリ。少年兵、オレオレ詐欺加害者の言い分。貧困を放置した社会はしっぺ返しを食うと。

2020/12/10

けんとまん1007

高校生向けに講義形式で書かれた本。貧困という言葉から連想することは、人の数だけ違うと思う。通して読んで、貧困から連想することが、広がった。それぞれの国・地域の状況によっても違うし、時代とともに変化もしていく。ただ言えることは、連鎖する可能性が強いということ。まさしく、負のスパイラル。今のこの国でも、おそらく、拡大しているのだと想像する。しかも、それを固定化する方向に向かっているのは、何故なのか。

2021/09/07

さぜん

17歳の若者向けて石井さんが語る貧困のお話。年代は関係なく誰もが知らねばならぬ現実だと思う。貧困が生み出す自己否定感が様々な問題を引き起こす。貧困でなくても自己肯定感を持ち続けることは難しい。心の豊かさをどう育てるか。未来は若者にしか作れない。まずは知ること。関心を持つこと。大人も子供も誰もが。

2021/06/08

kawa

高校生向けに、著者の歩いてきた現場の話を交えて現代の貧困問題を説く。曰く、日本では「巨大な都会の中にまぎれてしまい、貧困が見えにくくなってしまっている。にもかかわらず、日本の一部の子供たちは多様な階層がごちゃまぜになって生活する中で育つことで、『自己否定感』を抱くようになってしまう。」と精神的なハンデイキャップ意識を負う点が特徴とする。多くの若者に読んでもらいたい良書であるが、私(大人)が何をしなければならないかを鋭く問われている気分。まずひとつ小さな行動を起こそうと思う。

2019/12/08

感想・レビューをもっと見る