読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

きみの正義は 社労士のヒナコ

きみの正義は 社労士のヒナコ

きみの正義は 社労士のヒナコ

作家
水生大海
出版社
文藝春秋
発売日
2019-10-04
ISBN
9784163911069
amazonで購入する Kindle版を購入する

「きみの正義は 社労士のヒナコ」のおすすめレビュー

セクハラ相談、バイトテロ、不払い残業代に介護時短拒否……「働くこと」にまつわる問題に、社労士はどう対処する!?

『きみの正義は 社労士のヒナコ』(水生大海/文藝春秋)

 2018年に国会で可決された働き方改革関連法が、順次施行となった2019年。なかでも、有給休暇5日以上取得の義務化──年間10日以上の有給休暇が付与された従業員に対し、従業員から有給休暇取得の申し出がなければ、会社から時季を指定して取得させることが会社の法的義務となる──などについては、「有給休暇が取りやすくなるかも!?」と期待した人、実際に恩恵を受けた人も多いのでは?

 ところが、働く人々に有益な法律が整備されたとしても、それをかいくぐろうとする人はいる。労働者を雇う経営者だ。企業と、そこに身を置き働く人々、そのあいだに生じる問題について解決をはかろうとするのが、社会保険労務士、いわゆる社労士である。『きみの正義は 社労士のヒナコ』(水生大海/文藝春秋)の主人公、朝倉雛子の職業だ。

 2018年、春。元派遣社員の雛子は、社労士事務所に就職して2年目の春を迎えた。雛子が勤める「やまだ社労士事務所」は、所長とその妻、ベテランパート女性、そして雛子の4人から成る小さな事務所。今年28歳になる雛子は…

2019/10/25

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

きみの正義は 社労士のヒナコ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ででんでん

昨年からの継続本読了。1作目よりかなり成長したヒナコちゃんが活躍。いろんな職場のさまざまな問題が読みやすく描かれ、興味深く楽しく読めた。私のような無知なものには、ちらちら出てくる法律知識もへえ~そうなんだとためになる。働くこと、仕事というテーマに常に関心があるので、まだまだ続けてほしいシリーズ。5編目だけ、すこしわかりにくかった。(たぶん読み手の理解力のなさによる)

2020/01/02

ぶんこ

読んでいて何度もため息が出てしまいました。社労士の仕事がこんなに大変だとは思いもしませんでした。そして今の時代の雇用関係にも驚かされました。アルバイトは責任を持たされる事もなく、福利厚生の恩恵にもあずかれないけれども、いつでも辞められる・・・という認識でした。果たして法律によって働く人の環境は良くなったのでしょうか?疑問になってくるような案件揃いでした。

2019/12/23

dorebook

読友の奥様が社労士をしておられ手に^^ 顧客である組織を護りながら従業員の味方であり、且つ意見者でもある社労士のひよっこ雛ちゃん。知らずに2作目から読んでしまったが充分面白く、勉強にもなった。私自身この作品に出てきたように、初めてバイトした先がまさしくブラック塾だったし、辞めたあと未払い残業の申請の書類が届いたことがあった。時に解決し、時に答えの出ない結果があるのもリアル。雇用側、雇用される側の立場の問題が均等に表現されており、とても参考になった。今後、後輩が悩んだときに少しでも助言として記憶に残したい。

2020/02/03

よっち

社労士資格をとって小さな社労士事務所の一員として働く朝倉雛子。自分が誰の味方になるべきか、そんな悩ましい案件ばかりが舞い込む第二弾。無期雇用への転換を渋る経営者、年齢を偽っていた未成年従業員のけが、残業代を申請しない雇われ書店店長、出張中に女上司から受けたセクハラ、介護問題で時短を望む社員の問題。複雑な事情だったり人間関係もあったりする一方で、面倒なことは極力避けたい経営者の想いも働いて、杓子定規に法令を遵守すれば解決するようなものでもなくて、その中でどうすればいいのかきちんと考えていくことが必要ですね。

2019/11/02

yukision

社労士が主人公のお仕事小説。仕事に関する法律のプロとして弁護士以上に身近な存在だったことを恥ずかしながら知らなかったので、一層新鮮で勉強になった。

2020/03/10

感想・レビューをもっと見る