読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

彼方のゴールド

彼方のゴールド

彼方のゴールド

作家
大崎梢
出版社
文藝春秋
発売日
2019-10-31
ISBN
9784163911144
amazonで購入する

彼方のゴールド / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみねこ

千石社シリーズ。営業部からスポーツ誌Goldに異動になった目黒明日香は、全くと言っていいほど運動とは縁のない人間。スポーツの舞台裏に飛び込んだ明日香の奮闘。これ、すごく良かったです。オリンピック目前の今、読んでおきたい1冊です。お薦め!

2019/11/25

hiro

大崎さんの千石社シリーズも第四弾。中学生向けのファッション誌の編集者、文芸の編集者、週刊誌の記者に続いて、今回は営業部からスポーツ誌『Gold』の編集部に異動となった編集者の明日香が主人公だ。東京オリンピックが目前に迫り、タイムリーなスポーツ誌編集部の舞台裏が見えるお仕事小説であり、明日香の成長譚ではある。人を罠にはめるような話もあるが、目標に向かって進んでいくアスリートに対して、編集者として応援する明日香が清々しい。大崎さんの文章も大変読みやすく、あの日向子記者との再会も楽しく、一気に読んでしまった。

2020/01/14

みかん🍊

出版社勤務も3年経ち営業から配属された先はスポーツ雑誌の編集部、スポーツには特に興味がなく小学生の頃少し水泳教室に通っていただけの明日香だが、取材対象のスポーツについて学び選手やコーチに取材するうちにスポーツの魅力が分かってくる、総合スポーツ誌だけに野球、サッカー、陸上バスケット様々なスポーツを取り上げられて明日香と一緒に知らない競技についての知識も得る事ができた、誰かの頑張りが誰かの励みになる、オリンピックを前にお仕事小説楽しめました。

2020/01/08

スポーツ雑誌の記者となった主人公の真っすぐなひたむきさが魅力的。メジャー競技だろうとマイナー競技だろうと、ソコに携わる人達の想いが素敵でした。

2020/02/03

きむこ

千石社シリーズ第4弾。今回は総合スポーツ誌に異動になった明香編。スポーツに苦手意識があった彼女だけれど、ご縁のあった競技の現場に足を運びコツコツ資料を読みあさったり、先輩からの助言を受けたりしながら少しずつ成長してゆく姿が頼もしい。スポーツの場合、編集者が原稿を書くのではなく、専門のライターさんが記事を書くのは知らなかった。野球、サッカー、バスケ、陸上、水泳、裏方さんの話も面白かったし、現場で感じる高揚感もバシバシ伝わってきて私好みの良作でした!スポーツ好きの人にお勧めです♡★5

2020/03/29

感想・レビューをもっと見る