読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

恋愛 コレクションII (Shuichi Yoshidaコレクション)

恋愛 コレクションII (Shuichi Yoshidaコレクション)

恋愛 コレクションII (Shuichi Yoshidaコレクション)

作家
吉田修一
出版社
文藝春秋
発売日
2019-11-15
ISBN
9784163911243
amazonで購入する

恋愛 コレクションII (Shuichi Yoshidaコレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はな*

"恋愛"をテーマにまとめられた作品集。甘かったり苦かったりではなくクールな恋愛。なので2段組600頁超のボリュームでもお腹いっぱいにはならない。どちらかと言うと、ストーリーを楽しむというよりは1文1行を味わいたくなるような作品(吉田さんの初期の作品に多い系)中心のラインナップ。「東京湾景」と「パークライフ」のラストがいい。何かが始まる予感が、その始まる時にぱんっと弾ける音まで聞こえてくるようなそんなラストがとても好き。

2020/08/29

れんこ

好きな吉田修一さんの作品集。読んだ記憶はしっかりある『ひなた』でしたが、読み始めたたら内容を見事に忘れていている自分に気が付き、初めて読むような感覚で読みました。

2020/08/23

ろこぽん

「青春」につづき、吉田修一コレクション2冊目。どっぷり浸って楽しみました。「パークライフ」は当時読んだときにはつまんないとも思ったのに、今回はすごく良かったです。何も問題のない夫婦の関係、何事もない公園での出来事。 時を経て読むと感じることも違ってくるのだろう。そして分厚い600ページに負けないくらい最後の自叙伝が濃い。

2020/11/24

まひはる

未収録作品以外は既読だった。

2020/06/20

Kenji Hori

青春に続き恋愛をテーマにした小説集。その中から読んでない単行本未収録作品4篇と、自伝小説IIを拾い読み。未収録作品には共通して閻魔ちゃんという新宿のゲイバーのママが出てくる。この人は吉田さんのデビュー作、「最後の息子」にも登場していて、4篇のうちの1篇「愛を誓う」には、その主人公も出てくる。自伝小説は死がテーマ。でも重すぎず、そこは吉田流。収録されているラインアップの中では「パークライフ」が1番面白かった。

2020/02/13

感想・レビューをもっと見る