読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

NHK大河ドラマ「いだてん」完全シナリオ集 第2部

NHK大河ドラマ「いだてん」完全シナリオ集 第2部

NHK大河ドラマ「いだてん」完全シナリオ集 第2部

作家
宮藤官九郎
出版社
文藝春秋
発売日
2019-12-18
ISBN
9784163911465
amazonで購入する Kindle版を購入する

NHK大河ドラマ「いだてん」完全シナリオ集 第2部 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くさてる

第2部も一気読み。なにもかも分かっている内容、かつシナリオだというのに「懐かしの満州」ではやっぱり泣いてしまった。これを読むと、実際にはカットされた部分、現場で付け加えられたであろう部分などを知ることができて面白い。しかしなによりもまず「いだてん」が面白くて最高だったんだと思う。そう、やっぱ「いだてん」最高じゃんねえ!

2020/07/18

法水

2019年は『いだてん』に楽しませてもらった1年間でした。改めてクドカンにありがとう。本書には阿部サダヲさん(2018年末に大人計画30周年のイベントでお見かけした時にもっと『いだてん』の話をお聞きすればよかったと後悔)のインタビューの他、演出陣+制作統括の座談会も収録されていて、クドカンの脚本を映像化する際の大変さも窺い知れてよかった。

2019/12/31

hideiz

やっと読了しました。いやー面白かった。も一度ドラマを見なければ。ちょうど再放送が始まったし。クドカンさん早く元気になってね!

2020/04/11

shigeki kishimura

『いだてん』は名作でした。

2020/01/04

きょん

宮藤さんの構成のうまさと、現場の演出、演技のすごさを改めて味わえる。阿部さんへの信頼がすごい。

2020/01/18

感想・レビューをもっと見る