読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

月岡草飛の謎

月岡草飛の謎

月岡草飛の謎

作家
松浦寿輝
出版社
文藝春秋
発売日
2020-02-27
ISBN
9784163911724
amazonで購入する Kindle版を購入する

月岡草飛の謎 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

salvia

痴呆ファンタジー?とくすくす笑いながら読み始めたものの、ブラック・ユーモアの奥にあるものを探るうちに考え込んでしまった。主人公である道楽者で教養豊かな老俳諧師は、生きる欲望に貪欲でありつつも近付きつつある死を恐れ、虚と実の曖昧な境に漂う。作者は『黄昏客思』では「加齢とは世界から謎が減少していくこと」と書いていたが、この小説では最後に「この面白い人生をこの先まだまだ楽しませてもらわねば」と老俳諧師に言わせている。チャーミングな老いを描いていると思う。

2020/09/24

chuji

久喜市立中央図書館の本。2020年2月初版。初出「文學界」2016年1月号~2019年11月号にかけて。謎が多くてよくわからない、、、、、、、

2020/03/20

りーよ

最初は何が何だかよくわからなくて、途中でこの御老人はボケているのでは?と思ったが、どうもそういうわけでもなさそう。説明がつきそうでつかない、幻想的とも言い難い不思議な世界だった。本の帯にブラック&ナンセンスとあったので、そういうものと思ってこの滅茶苦茶さを楽しむのが良さそう。たまには物語に置いていかれたような、ポカンとした気分になるのも面白い。

2020/03/08

感想・レビューをもっと見る