読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

文豪春秋

文豪春秋

文豪春秋

作家
ドリヤス工場
出版社
文藝春秋
発売日
2020-06-12
ISBN
9784163912141
amazonで購入する Kindle版を購入する

「文豪春秋」のおすすめレビュー

娼妓と遊びまくり、生きたままアルコール漬け…スキャンダルだらけの私生活が暴かれる文壇事件簿

『文豪春秋』(ドリヤス工場/文藝春秋)

 素晴らしい作品を生む人間が必ずしも素晴らしい人間とは限らない。特に文豪と呼ばれた人たちは、ネジがいくつか外れたような退廃的な人間ばかりだ。私生活ではワイドショー顔負けのとんでもない事件を起こしていた人たちも多いのだ。

 そんな文豪たちのエピソードを教えてくれるのが、『文豪春秋』(文藝春秋)。文藝春秋創業者・菊池寛が文豪の秘密をこっそり教えてくれるというスタイルで繰り広げられるマンガ版文壇事件簿だ。作者は、『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいのマンガで読む。』シリーズで知られるドリヤス工場さん。端的にわかりやすく文豪たちの面白エピソードをまとめてくれるから、どんどんページが進む。

 お笑い芸人で、芥川賞作家の又吉直樹も「常識を超えた変態性を知ると、その作家の作品に触れたくなるのが不思議。楽しみながら、読書欲を掻き立ててくれる漫画です」と本書を絶賛。実際にこの本をもとにほんの少し文豪たちの私生活を覗いてみるとしよう。

「芥川賞を下さい」…選考委員にお願いし続けた太宰治  太宰治といえば、誰もが知る文豪だが、…

2020/7/3

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「文豪春秋」の関連記事

坂口安吾のカレーライス事件! 精神状態が不安定になった安吾はカレー100人前を頼んで…/文豪春秋⑤

「芥川賞を私に下さい」と選考委員の佐藤春夫に手紙を出した太宰治。中原中也と小林秀雄のある女性をめぐる三角関係。谷崎潤一郎の「細君譲渡事件」…教科書に載るような文豪たちも、実生活ではワイドショー顔負けの様々な事件を起こしていた。文藝春秋創業者・菊池寛がこっそり教える漫画版文壇事件簿を試し読み。

続きは本書でお楽しみください。

2020/7/7

全文を読む

『火宅の人』での放浪作家のイメージが強い檀一雄。晩年の生活は…/文豪春秋④

「芥川賞を私に下さい」と選考委員の佐藤春夫に手紙を出した太宰治。中原中也と小林秀雄のある女性をめぐる三角関係。谷崎潤一郎の「細君譲渡事件」…教科書に載るような文豪たちも、実生活ではワイドショー顔負けの様々な事件を起こしていた。文藝春秋創業者・菊池寛がこっそり教える漫画版文壇事件簿を試し読み。

<第5回に続く>

2020/7/6

全文を読む

関連記事をもっと見る

文豪春秋 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミライ

太宰治、芥川龍之介、夏目漱石、与謝野晶子などなど、様々な文豪の秘話や面白エピソードを紹介した漫画(著者は「有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」のドリヤス工場さん)。とんでもない酒豪、借金しまくり、極端な潔癖症だったりと文豪面白エピソードがズラリと並ぶ。案内役は文藝春秋を創刊した菊池寛(の銅像時々絵画)と編集者の女性、この二人?の掛け合いも面白い。しかし、明治~昭和初期に活躍した文豪は破天荒でぶっ飛んだ人が多い、誰よりも人生楽しんだからこそああいった作品が書けたのだと実感した。

2020/06/18

ねこさん

文藝春秋の社屋に置かれた菊池寛の銅像が、文豪達の思い出を現代の女子社員に語る。ドリヤス氏の水木サンと文学への愛が、偏執的でどこか投げやりな時代の空気を伝える妙味。太宰の伏して懇願から始まり、逐電した小林を探す中也の顔がオタンコナスだった等、楽しめる内容。檀一雄が少年の頃、片栗粉でトロミをつけることを初めて知って嬉しかった云々あるが、自分も10歳の頃、人差し指で溶いた片栗粉を冬瓜の吸物にチロチロ落としてトロミをつけたことを思い出した。さんま、さんま、さんま苦いか塩つぱいか。作家が生きた春秋が感じられる良書。

2021/02/03

まさおか つる

文豪たちの秘話や面白エピソードを紹介する漫画となり、/菊池寛像が語ってはいますが、菊池本人の実際の言動にはこだわらず、独自のキャラクターとして時事ネタ等含め話に合わせて好き勝手にしゃべってもらいました。/ファンの間では有名な話から世間にはあまり知られていない話まで、できるだけ要点を絞って構成しました。個人的な狙いとしてはネット上の百科事典の類には載ってない情報を意識的に取り入れました。構成上の都合で省略してしまったエピソードも多々ありますので、本書をきっかけに関連書等に触れていただけると幸いです。

2020/08/17

=emy=

1話6ページ完結型、文豪(変態)紹介漫画。知っているエピソードもありましたが、細かく簡潔に人物像を描いていて◎ 文豪と称される人、やはりこのくらい破天荒でなければ名作は生まれないのかな。虚淵玄がとある文豪の孫というのは知らなかった。受け継がれる文才というのはあるのかな。それにしても皆、金遣い荒すぎ〜。そして菊池寛は懐広すぎ〜。

2020/10/09

nonicchi

こういう文豪マンガ、好きなんですよね~。ドリヤス工房さんは初めて知りましたが、それぞれの文豪の特徴をよくとらえていらっしゃる!以前あった文豪が皆美形に描かれたのは受け付けられなかったので…。話だけは知っているけど、実際どういう事だったのか(小林秀雄と佐藤春夫の妻譲渡事件とか)よくわかる一冊。江戸川乱歩があんなに人づきあいを避けた人だったとは知らなんだ。菊池寛と芥川、直木三十五との交流も胸アツ。泉鏡花や岡本かの子読みたい病が再発し、今読書中です(笑)。

2020/09/11

感想・レビューをもっと見る