読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI

獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI

獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI

作家
石田衣良
出版社
文藝春秋
発売日
2020-09-03
ISBN
9784163912189
amazonで購入する

「獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI」の関連記事

SNSの「いいね」に振り回される若者たちのデスゲーム──IWGPシリーズ『七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV』文庫化に反響続出!

※「第5回 レビュアー大賞」対象作品 『七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV』(石田衣良/文藝春秋)

 累計430万部を超える大人気シリーズの第14弾『七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV』(文藝春秋)が文庫化され、2020年9月2日(水)に発売された。読者からは、「安定の面白さ。いつまでもマコトとタカシの活躍を追っていきたい」「時代は変わるがこの街とキャラは変わらないと実感。相変わらずかっこいい!」といった反響があがっている。

 IWGPこと「池袋ウエストゲートパーク」シリーズは東京・池袋を舞台として、トラブルシューターのマコトが次々と難事件を解決していくミステリー作品。ストリートギャングの“キング”タカシなど、個性的なキャラクターが多く登場するのも作品の魅力。2000年にはTOKIOの長瀬智也が主演を務めたドラマ版が放送され、大きな話題を呼んだ。また、今年10月からは同シリーズを原作としたTVアニメも放送予定されている。

 シリーズにはその時々の世相や社会問題が織り込まれているのも大きな特徴。『七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV…

2020/9/21

全文を読む

関連記事をもっと見る

獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

IWGPシリーズ完読プロジェクト、今回は最新刊XⅥ巻です。 https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/11337296?sort=book_count&order=desc 今回も安定の面白さ、旬の新型コロナ・ウィルスも取り込んでいます。オススメは『バースデイコールの甘い罠』&表題作『獣たちのコロシアム』です。 本書で女性の淋しさを狙うバースデイコール詐欺を初めて知りました。 http://www.bunshun.co.jp/pick-up/iwgp/

2020/09/14

本読みたぬき

麻薬取引、強盗、詐欺、児童虐待。ここに書かれている犯罪者の心理構造はいじめやハラスメントの心理構造と同じだ。人間の世界にトラブルはなくならない。平成から令和に移った池袋の街でも。マコトとタカシ達は、今日も善人を搾取する悪人たちを懲らしめる。ああ、彼らが本当にいてくれたらなあ。

2021/01/21

ででんでん

マコト達との再会はいつも楽しい。虐待、詐欺、暴力…日本でも世界でも、自分のキャパでは捉えきれない無数の辛いこと、苦しいこと、哀しいことが起きていて、それらに何をすることもできないまま、日常を過ごす自分がいる。そんな気持ちを引き受けてくれるかのように、辛い人たちを救う策を練り、加害者を罠にかけ仕留めるマコトたちの活躍に胸がすく。せめて自分の手の届くところにだけでも誠実にありたいと思わせてくれる。ミズキたちが少しでも幸せなほうへ進んでいけますように。それにしても今回のゼロワンは、とびっきりかっこよかった。

2020/10/15

美登利

シリーズ16作目。3つのお話はシリーズでは割と普通の部類のトラブルでマコトの解決策もゼロワンやサルの力を借りつつ見事に収められてスッキリしたのですが(いつも時事ネタになっているのは流石です)表題作の最終話は、読んでる途中から吐き気を催すような胸糞悪さがあって辛かったです。最近は日常的なニュースでは見かけなくなったけれど、児童虐待の中身を知れば知るほど人間の残虐さを見せつけられます。衣良さんの「北斗」を読了した時のトラウマが甦って来そうだったわ。どうか救われる子供たちが1人でも増えますように。

2020/10/21

星落秋風五丈原

中高労働者への退職勧告部屋がらみ「タピオカミルクティの夢」池袋ならやっぱりラブホテルが登場「北口ラブホ・バンディッツ」振り込め詐欺のバリエーション版「バースデイコールの甘い罠」児童虐待がテーマ「獣たちのコロシアム」この世界にも新型コロナが登場。4編中3編にゼロワンが登場。

2020/12/27

感想・レビューをもっと見る