読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

二百十番館にようこそ

二百十番館にようこそ

二百十番館にようこそ

作家
加納朋子
出版社
文藝春秋
発売日
2020-08-05
ISBN
9784163912417
amazonで購入する Kindle版を購入する

二百十番館にようこそ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

ニートでゲームオタクの男性主人公で話が進み、マニアックな笑いの要素も多いので「いつもの加納さんらしくないなぁ」と思いながら読んでいたが、途中から温かくて優しい加納テイストがグイグイ押し寄せてきた。イヤな登場人物がいなくて、上手く事が運ぶ展開なので「けっ!」と思う人もいるだろうが、人情味多い人の繋がりは勿論、島や猫の描写にも癒された。終盤は加納さんらしい「日常ミステリ」的な種明かしもあって、それがチョットした感動になるのも好みだった。今が上手くいっていない人へのエールが込められた前向きになれる素敵な作品。

2020/10/02

ウッディ

家を追い出され、叔父から相続した小さな島の元保養所で暮らすことなったゲームオタクのニート。生きていくために同居者を募り、島の老人たちと交流することで自立していく。色んな事情でニートになった人でも優しい人達に囲まれて頼りにされれば自信を取り戻していく、一歩踏み出す勇気の大切さを教えてくれる一冊でした。描かれたゲームも面白そうで、アバターのキャラがその人の本質を表しているのかもしれないと思った。タピオカさんの正体に驚き、後半のミステリーもすっきり温かい結末で、こんな島があれば行ってみたい。面白かったです。

2020/12/15

いつでも母さん

二百十・・なるほどねぇ。ネットのゲームはやったことがないし、全く分からない。加納さんだけどリタイアか?って思っていたら、なんと何と面白かったです。優しいです。勿論、全てのニートの問題がここに凝縮されてるなんて事は思わないけれど。子島の皆があったかくて、【刹那】の親も好い。これは加納さんが紡ぐ『再生』と『共存』の物語。お薦めです。

2020/08/31

のぶ

主人公はニートでオンラインゲームオタクの俺。親の愛想を尽かされ、離島のそのまた離島へ追い出されてしまう。そこは伯父さんの遺産で建てられた館、通称、二百十番館。住人は17人しかいない。そんな場所に島流しにされた俺に降りかかる様々な試練と、地元の人たちとの交流。そこでは様々なドラマが展開される。島にいるのはニートのヒロ、無医島には是非とも呼び込みたい元医者ニートのBJさん、遊び人風のリア充・カインさん等。人の生死に関わる事態も起こりとても面白い。ニートから成長していく姿が、何とも微笑ましかった。

2020/10/04

machi☺︎︎゛

就活に失敗し現実世界が嫌になりネットゲームの世界にハマってしまった青年ニートを両親がある島に送り込んでしまう。島にあるのは大きな館と親切な島の人たち。初めは何もできなくて自己肯定感も低く消極的だったニート君も、島の人たちの協力もあり段々と成長していく。同じ様なニート仲間も増えてきて気付いたらちゃんとした生活を送れていた。ニート君が親の有り難みなども分かってきた時の一言、「子供っていうのは感謝もしないで文句ばっか言う生き物ですからね。」何かすごく響いた。人としての可能性や親の愛を感じた一冊だった。

2021/01/30

感想・レビューをもっと見る