読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コータリン&サイバラの 介護の絵本

コータリン&サイバラの 介護の絵本

コータリン&サイバラの 介護の絵本

作家
西原理恵子
神足裕司
出版社
文藝春秋
発売日
2020-08-27
ISBN
9784163912486
amazonで購入する Kindle版を購入する

コータリン&サイバラの 介護の絵本 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

marua

実際に介護を受けている作家が「自分の言葉で」体験を綴ってそれを読めるって、稀有なこと。しかもずーっと読んでたコータリンの文体から全然変わってない。それがうれしかった。車好きの観点も交えて語られる車いすの未来や介護車両の話は、経験がないからこそ新たな視点を与えられた感じ。明日は我が身として記憶しよう。それにしても、ご家族が素晴らしい。サイバラもちょいちょい毒入れてるけど、やっぱり優しいもんなあ。

2020/10/04

prime

やっぱり、コータリンとサイバラさんのコンビの本は最強! 一見介護の絵本と言う事で怯みますが、コータリンのエッセイにホロッとします。 一瞬コータリの病気について考え どうもお涙ちょうだい的に読みがちです。が!普通の普通のエッセイとして確立させるのはサイバラさんの絵です 誰でも 普通に介護出来る世の中を楽しく目指している大人の絵本です

2020/11/14

ざび

こーたりんの家族と友人がすごく頑張っている。 もちろんこーたりんも頑張っていると思うが、きっとそれ以上。 それにしても、よくぞこごまて戻ってきたものと思います。 また、介護世界の生の話が貴重。

2020/10/04

いまちゃん

介護している人の本は何冊か知っているけど、介護を受けている人の本は初めて読んだかも。要介護5で言葉も上手く喋れないコータリさん。でも、新しい車椅子や介護車にときめいてみたり、海外旅行楽しんだりと、なんかとても充実した毎日をすごしている。読んでてこちらまで和んだ気持ちになりました。

2020/09/03

ブロッコリー

図書館。知っているのと知らないのとでは大違い。介護の世界でも、やはり情報力がものを言う。自分でしっかりと情報を集めて行かないと、できることもできなくなっちゃうかもしれないね。これから介護状況が、日本でどんどん発展していくといいな。

2020/10/03

感想・レビューをもっと見る