読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サラリーマン球団社長

サラリーマン球団社長

サラリーマン球団社長

作家
清武英利
出版社
文藝春秋
発売日
2020-08-26
ISBN
9784163912516
amazonで購入する Kindle版を購入する

サラリーマン球団社長 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

同じような立ち位置で球団社長をしていても阪神と広島では雰囲気が全然違うな。かたや内輪揉めとか足の引っ張り合いにいかに戦ったか、かたや弱小球団をいかに強くしたか。どちらも強くした時期はあれど、阪神は暗い話になりがちで広島は頑張って耐えて花を開いたという爽快感があった。これを書いているのが巨人のサラリーマン球団社長というのもシュールな感じ。球界をそれぞれ盛り立てようとする目標は同じなのにそれぞれ違うなと思った。

2021/03/21

kawa

著者・巨人時代の体験を下敷きの野球小説かと思って手に取ったら、タイガ-スとカ-プの実在のサラリ-マン球団社長を追ったノンフィクションでちょっと肩すかし。しかし、スタッフ目線からの球団経営のアレコレや、親会社の支配下にある球団と市民球団という好対照な対象選定の秀逸さで、実に面白い一作に仕上がっている。野球ファンにとっては拾える小ネタも沢山あることも嬉しい。

2021/03/08

Book & Travel

阪神タイガース元球団社長の野崎氏と広島カープ球団本部長の鈴木氏。野球は素人ながら、球団の改革に情熱を燃やした異端児二人を描いたノンフィクション。著者も元巨人球団代表の清武氏とあって非常に事情に詳しい。貧乏球団だったカープは鈴木氏の奮闘の甲斐あって三連覇、観客動員も大幅に増加。一方野崎氏が孤軍奮闘で改革を進めた阪神は、星野監督のもと優勝を果たすがその後低迷。球界に先駆けて構築したBOSも野崎氏の退団と共に陽の目を見ないままに。私は長年の阪神ファンだが、昔から変わらない球団の体質には暗澹とした気持ちになる。→

2020/12/20

きみたけ

著者は元読売巨人軍球団代表兼GMで現在はノンフィクション作家の清武英利氏。週刊文春連載の「サラリーマン球団社長 阪神と広島を変えた男たち」に加筆・修正した一冊。タイガースは、フロントの弱点、特に戦力補強面での欠点を把握し奮闘した野崎さんの話、カープは、オーナーたちと選手育成の種を蒔き四半世紀の我慢の末、ようやく花を咲かせた鈴木さんの話のダブルストーリーです。球界にメジャー流のスカウトシステムを根付かせた日ハム、実は阪神フロント時代に構築していた話や、黒田・新井の復帰舞台裏など、野球ファン必見の内容です❗

2021/02/07

遊々亭おさる

優勝すれば監督や選手は称賛されるが、黒子として球団を支える背広組に日が当たることはない。されど彼らの奮闘なくして優勝などあり得ない。親会社のぬるま湯体質と巨人追従の経営方針が低迷を生んだ阪神と市民球団の悲しき宿命である慢性的な資金難で優勝から遠ざかっていた広島に栄光の一瞬を刻んだ傍流の組織人の道程を辿った一冊。「勝ちに不思議な勝ちあり。負けに不思議な負けなし」と言ったのは野村克也氏。負け続ける原因を改善する武器を手にしながらもひとりの男が去ると元の木阿弥なった阪神に組織としての継続は力なりの難しさを知る。

2021/03/09

感想・レビューをもっと見る