読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

楽園の烏

楽園の烏

楽園の烏

作家
阿部智里
出版社
文藝春秋
発売日
2020-09-03
ISBN
9784163912547
amazonで購入する Kindle版を購入する

「楽園の烏」のおすすめレビュー

本当の物語はここから始まる……? 八咫烏シリーズ3年ぶりの新作にして第二部開幕を告げる『楽園の烏』

『楽園の烏』(阿部智里/文藝春秋)

 阿部智里「八咫烏」シリーズ、3年ぶりの新作であり、第二部の開幕である。『楽園の烏』(文藝春秋)は、だがしかし、ファンタジー色などかけらも感じさせない、民法における失踪宣告の記述と、“一介のタバコ屋のオッサン”が予期せぬ遺産を相続するところから始まる。

〈山を相続した。〉という冒頭の一文で、シリーズファンの読者は「あっ」と思うことだろう。だが、ここはあえて第一部のおさらいはせずに、紹介を始めていきたい。

 オッサンこと安原はじめは、失踪した父が死亡したものとみなされたのを機に、ある山を相続する。荒れてはいるが立地はよく買い手には事欠かず、向こう100年の維持費も支払える現金つき。遺された〈どうしてこの山を売ってはならないのか分からない限り、売ってはいけない。〉という言葉。そして相続したとたん、誰かから次々と送り込まれてくる山の買取希望者たち。

 胡散くさいものを感じていたはじめのもとに、現れたのは、“幽霊”を名乗る美しい女だ。〈私はなんとしても、私と、私の大切な人達を殺したものを、この世から滅さなければなりません〉――…

2020/9/11

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「楽園の烏」の関連記事

累計150万部の大ヒット、第2部も開幕! 「八咫烏」シリーズが人気の理由とは?

※「第5回 レビュアー大賞」対象作品 『烏に単は似合わない 八咫烏シリーズ1』(阿部智里/文藝春秋)

 阿部智里の「八咫烏」シリーズの最新刊『楽園の烏』が、2020年9月3日(木)に発売された。ファンにとって待望となる第2部が幕を開け、ネット上で「待ちに待った第2部突入! 一気読みしてしまうくらい物語に引き込まれた」「続きが気になって眠れない! 次巻が早く出ることをひたすら願う…!」と話題になっている。

 本シリーズは、人間の姿に変身できる八咫烏の一族をめぐる物語。“金烏”と呼ばれる日嗣の皇子・奈月彦が統治する異世界・山内を舞台に、平安王朝を思わせる雅な風俗や魅力的なキャラクターたちの活躍が描き出されていく。まるで神話のようなスケールの物語は多くの読者を虜にし、累計150万部を超える大ヒットを記録している。

 シリーズ第1作目の『烏に単は似合わない』は、世継ぎの后選びをめぐって有力貴族の姫君たち4人がバトルを繰り広げる……というストーリー。スリリングな物語の展開に、読者からは「よくある宮廷ものかと思ったら、まさかのどんでん返し。良い作品だった」「誰が悪…

2020/9/21

全文を読む

関連記事をもっと見る

楽園の烏 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kou

待ちに待った第2部開幕!そして、やっぱり読むのが止められなくなる面白さ。登場人物が、全員が黒幕に見えてくる、この感覚・・・懐かしい(笑)。ただ所々、設定が思い出せない箇所が・・・。次の巻が出るまでに、第1部を読み直さなければ!早く続きが読みたくて仕方ない。

2020/09/12

みっちゃん

いよいよ第二部始動だ。シリーズ第一作を読んだ時は、まさかこんな風に現実世界と繋がっているなんて、想像もしていなかったよ。それにしても雪哉、どうなってるの⁉️若い時から憎まれ役をかってでる、みたいな面はあったと思うけどこれはあまりにも…そして「年若い金烏」って!奈月彦はまさかの…(◎-◎;)

2020/12/14

初美マリン

第二部開始、山内は雪哉が支配していた。騙し騙され何が真実かなぞばかり、ゆっくり読んでいきます。

2020/09/30

あっか

八咫烏シリーズ新章開幕!舞台は前作・弥栄の烏から20年後。いよいよ人間界と山内の行き来が頻繁になっており、今作の主人公?はじめは訳も分からず山内に紛れ込む。そこには最高権力者となった雪哉。卓越した頭脳はそのままに、この20年一体何があったのか…?と思わざるを得ない所業の数々…いやでも八咫烏シリーズファンは知っている。これはあくまで頼斗側から見た物語でしかないことを!物語ははじめ・頼斗と元谷間を中心に進むので山内事情が分からない。幼い金烏?紫苑の宮は死人?今後明らかになるであろう物事が壮大すぎて待ち切れない

2020/09/12

りー

山内の今の状態が思い出せないので、感想も曖昧。玉依姫で、山神の再生はどうなったのだっけ? 奈月彦が姿を見せないのと、彼の姫宮=紫苑の宮が何故雪哉に敵対しているのかが気になります。姫宮の存在が救いになることを願っていたのに。雪哉…可哀想に。誰かが山内の滅びという現実を見なければならない。その人は秘密を抱え、誰にも打ち明けられず、多くの人に恨まれることを自覚しながら行うのだ。

2020/09/20

感想・レビューをもっと見る