読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

汚れた手をそこで拭かない

汚れた手をそこで拭かない

汚れた手をそこで拭かない

作家
芦沢央
出版社
文藝春秋
発売日
2020-09-26
ISBN
9784163912608
amazonで購入する Kindle版を購入する

「汚れた手をそこで拭かない」のおすすめレビュー

平穏な日常が一瞬で崩れ去る恐怖がリアルに迫る…! ミステリの名手、芦沢央の最新短編『汚れた手をそこで拭かない』

『汚れた手をそこで拭かない』(芦沢央/文藝春秋)

 よく知りあいに「ミステリって興味はあるけど、どれから読んでいいのか分からない」と聞かれる。そんな時は何人かお薦めの小説家の名前を挙げるのだが、芦沢央氏も必ずその中に含まれる。山本周五郎賞に2度、日本推理作家協会賞で3度受賞候補になっている芦沢氏。リーダビリティーが高いこともあり、ミステリでありながらエンタテインメントとしても一級品の小説を書く。そんな作家はそうそういないだろう。

 その芦沢氏は、8月19日に『僕の神さま』(KADOKAWA)を刊行したばかりだが、矢継ぎ早に新刊を発売。9月26日に、日本推理作家協会賞候補作の2作を含む5編からなる独立短編集『汚れた手をそこで拭かない』(文藝春秋)を上梓した。旺盛な創作意欲のたまものだろう、実際、その筆致は冴えに冴えている。まず目を惹かれるのが表紙。芦沢氏の作品には常に不穏な空気が流れており、この表紙だけで作品のトーンが伝わってくる。

 平穏な日常のふとした瞬間に一旦躓くと、階段から転げ落ちるような悲劇が起きる。芦沢氏の作品はそうした類の作品が多く、本作で…

2020/10/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「汚れた手をそこで拭かない」の関連記事

第164回芥川賞は宇佐見りん『推し、燃ゆ』、直木賞は西條奈加『心淋し川』に決定!

 第164回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は1月20日(水)、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川龍之介賞」は宇佐見りんの『推し、燃ゆ』に、「直木三十五賞」は西條奈加の『心淋し川』に決定した。

【第164回芥川賞受賞作品】

『推し、燃ゆ』(宇佐見りん/河出書房新社)

【あらすじ】 主人公のあかりは高校生。勉強やアルバイトだけでなく、生きる上で必要なあらゆることが「普通に」「ちゃんと」できなくて、唯一頑張ることができるのが、「まざま座」というアイドルグループのメンバー・上野真幸を推すこと。 あかりは、現実の重みに耐えられない。彼女にとって、推しへの情熱を燃やし続け、解釈するブログを書き続け、自分でも頑張れることがあるのだという実感だけが生きる支えなのだ。 それなのに、推しがファンを殴って炎上し、彼女の世界から消えてしまったら…?

【プロフィール】 宇佐見りん(うさみ りん)●1999年静岡県生まれ、神奈川県育ち。現在大学生、21歳。2019年、『かか』で第56回文藝賞受賞、史上最年少で第33回三島賞を受賞。

【第164回直木賞受賞作…

2021/1/20

全文を読む

NEWS加藤シゲアキの意欲作も! 第164回芥川賞・直木賞ノミネート作品を一挙紹介

 日本文学振興会が主催する「第164回芥川賞・直木賞」のノミネート作品が、2020年12月18日(火)に発表された。それぞれの候補作を一挙紹介。「どんな作品があるのか気になる!」という人は、ぜひ参考にしてみてほしい。各賞の発表はきたる2021年1月20日(水)に行われる予定。《紹介順はそれぞれ著者名五十音順》

第164回芥川龍之介賞の全候補作はこの5作品

・宇佐見りん(うさみ りん)『推し、燃ゆ』(文藝 秋季号)  作品紹介を公開中  ▶「今月のプラチナ本」は、宇佐見りん『推し、燃ゆ』

・尾崎世界観(おざき せかいかん)『母影(おもかげ)』(新潮 12月号)  作品紹介を公開中  ▶尾崎世界観、文芸誌「新潮」掲載の『母影(おもかげ)』 が、第164回芥川賞候補作にノミネート。単行本は2021年1月29日に発売!   ・木崎みつ子(きざき みつこ)『コンジュジ』(すばる 11月号)

・砂川文次(すなかわ ぶんじ)『小隊』(文學界 9月号)

・乗代雄介(のりしろ ゆうすけ)『旅する練習』(群像 12月号)

第164回直木三十五賞の全候補作はこの6作品

・芦沢央(…

2020/12/18

全文を読む

関連記事をもっと見る

汚れた手をそこで拭かない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

第164回直木賞にノミネートされてから図書館に予約したので、漸く読めました。(既読6/6コンプリート)芦沢 央、2作目です。本書は、イヤミス短編集、オススメは、『忘却』&『お蔵入り』です。直木賞ノミネートも納得ですが、次は長編で直木賞を受賞して欲しいと思います。本書で区切りの3,500レビュー達成しました。 https://books.bunshun.jp/articles/-/6032?ud_book

2021/06/04

射手座の天使あきちゃん

人間はどうしてこんなに小狡く小賢しく出来ているのか? 舌を出す程度の失敗を素直に詫びずに、隠蔽工作に手を出し上手く行かず尻尾を出し、とうとう馬脚まで出して(露わして)しまう 腰は引けても後には引けない、後ろ髪引かれながらも手を引くには時すでに遅し、とうとう「しょっ引かれる」愚か者が沢山出てくる短編集でした。 あまり好みではありません。ゴメンなさい❕

2021/09/18

ウッディ

夫の秘密をあの世に持って行ってあげると申し出る余命宣告された妻、プールの水を流してしまった小学校教諭、隣人の熱中症死の責任を感じる老夫婦、罪と罪悪感を描いた5つの物語。犯した罪を隠蔽したり、やましいことを繕おうとすると大きくなってしまう罪悪感、誰にも知られなければという悪魔のささやきで、不自然な行動をとってしまう、誰もが経験したことのある、あの嫌な感じがリアルで、読みやすかった。殺人はともかく、その他の話は、いつ自分が主人公になってもおかしくない話で、面白かった。

2021/02/27

Yunemo

このタイトル何なの?5編の中に無いじゃない、で読み始め。この5編に出てくるそもそものきっかけって、自身にもちょっとあるような。周りから見ればなんてことのないこと、本人の意識の中でこれはまずい、から始まる隠すという行動。ほんとにちょっとしたこと、隠すことによって深みにはまっていくもどかしさと焦燥感。子供のいたずらから派生してくる大ごとさ、に似た感覚かも。でも大人の世界じゃ通用せずに、時間の経過とともに、胸が掻き毟られるような焦燥感と罪悪感ばかりが。どの行動をとるかを選択したのは自分。この後悔感が身に沁みて。

2020/10/25

bunmei

人は失態を犯し、窮地に追い込まれた時、自己防衛の本能からその場を凌ごうとして、嘘や見栄を張ってしまうことがある。最初は些細な嘘のつもりが、次第に取り返しのつかない罪へと膨らんでいく。結局、嘘は嘘を呼び、だるま式に膨れ上がっていく。そんなジワジワと締め付けてくるような深層心理を、イヤミスタッチで描いた芦沢作品。決して悪意があったわけではなかったが、事実の隠蔽により、どうしようもない現実に直面していく主人公。誰もが、この当事者になり得るのかもしれない特別な日常に、警鐘を鳴らすようなブラックなミステリー。

2020/11/07

感想・レビューをもっと見る