読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

表紙はうたう 完全版 和田誠・「週刊文春」のカヴァー・イラストレーション

表紙はうたう 完全版 和田誠・「週刊文春」のカヴァー・イラストレーション

表紙はうたう 完全版 和田誠・「週刊文春」のカヴァー・イラストレーション

作家
和田誠
出版社
文藝春秋
発売日
2020-10-07
ISBN
9784163912745
amazonで購入する Kindle版を購入する

表紙はうたう 完全版 和田誠・「週刊文春」のカヴァー・イラストレーション / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

「週刊文春」の表紙は、和田誠さんによって40年描き続けられてきた。そのイラストを和田さんの解説により題材ごとにまとめてあり、後半には、全ての表紙が掲載されている。表紙から特集記事のタイトルが消えたのは1988年かららしい。世間を騒がし、政局にも影響を与えた「文春砲」も、ここからは何があったのかは分からない。和田さんの優しくも美しい絵があるだけである。40年毎週描き続けるという和田さんの力を感じつつも、眺めているだけで楽しくなる画集だ。

2021/01/07

Tadashi_N

題材の引き出しの多さに感動した。番組の影響。

2021/06/08

aloha0307

週刊文春の表紙;イラストを1977年(その前は谷内六郎さん;素朴な民芸調だったね✿)から40年間飾った和田誠さんの追悼集 誌名ロゴ&色も和田さんが創作したそうです。騙し絵・隠し絵もありました👀 一番お気に入りは、@タヒチの海辺 椰子の実🌴から、ちっちゃな芽🌱がポコって覗いているの...海の色と相俟ってとても綺麗だなあ🌟...

2021/04/04

新天地

週刊文春の表紙テーマは「都会のメルヘン」とされて、そのメルヘンを織り込んだ絵は優しかったり、温かかったり、ノスタルジックあれば未来的なものもあり、描かれる題材は鳥や魚に星座もあれば怪獣に恐竜にフルーツだってあり、猫はかわいく犬は素晴らしい。それだけでは言い表せない作品も多くてとにかく鑑賞中はひたすら感嘆しきりで語彙が消失していた。全表紙カタログを眺めながら知っている曲は少ないがタイトルと同じ歌を口ずさむ至福の一時を満喫した。改めて40年という積み重ねのその偉業を想う。

2020/12/15

アキ

今年8冊目。いろんな絵、すてき。★★★★

2021/01/14

感想・レビューをもっと見る