読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

乱都

乱都

乱都

作家
天野純希
出版社
文藝春秋
発売日
2020-10-23
ISBN
9784163912790
amazonで購入する Kindle版を購入する

乱都 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とん大西

信長、秀吉ら英雄達のブレイクで収束の兆しをみせる戦国時代。遡ること百年、その発端ともなった応仁の乱から始まる強者どもの物語。畠山義就や細川政元に細川高国などなど…。あまり小説でもみかけない渋めの面々。その彼らの業が凄まじい。京の都で繰り広げられる権力闘争。節操がないから秩序がない。秩序がないから安寧がない。お立ち台には日替わりヒーローの如く登壇。が、真の英雄ではない。明日の太陽が上る頃、或る者は都を追われ、或る者は骸となる。混乱を生み出し、混沌を長らえさせた罪深くも哀しい彼らの生きざま。いやぁ、力作です。

2020/11/22

ずきん

魔都に翻弄される七人の男達の生きざまで紡いでいく、応仁の乱から足利幕府滅亡までの百年。濃い。一編一編が、ものすごく濃い。梟雄は梟雄のまま、愚人は愚人のままに描かれてるってのに、浪漫駄々漏れの、野趣溢れまくりの、魅力炸裂のかっけえ男祭りである。後半、舞台の惨たらしさと厚みがぐっと増し、なんとあの義昭が、可愛くて、どうしようもなく哀しくて、愛しくて、胸を絞られる。ああ、もっとゆっくり、一編ずつ読めばよかったなあと、いまさら。ごっつぁん!

2020/12/26

ポチ

応仁の乱から始まり室町幕府が崩壊するまでの、あまり有名ではないが歴史の一幕の役割を果たした、都という魔物に魅入られた7人の男の話。盛者必衰。

2020/11/05

kawa

応仁の乱から秀吉関白就任までの約百年間、畠山義就、細川政元、大内義興、細川高国、天文法華の乱、足利義輝、足利義昭にスポットをあてた連作短編集。マイナ-で複雑な人間関係を、比較的解りやすく小説化した優れ本。とは言え、関係系図を何度も参照しての読書となった。京での法華宗と一向宗の衝突(天文法華の乱)、そこに暗躍した細川晴元の存在など初知りで面白くサックリ読了。

2020/12/07

みいやん

苦手な時代背景になじみのない登場人物。途中挫けそうになったが、なんとか読破。最後の話が一番おもしろかった。

2020/12/16

感想・レビューをもっと見る