読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コモンの再生

コモンの再生

コモンの再生

作家
内田樹
出版社
文藝春秋
発売日
2020-11-07
ISBN
9784163912929
amazonで購入する Kindle版を購入する

コモンの再生 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

コモン。その意味するところは広いように思う。そんな一部分に、いろいろな形で関わっているように思うので、参考になる視点が多い。明らかに、後退しているというか、退化しているこの国のありよう。とはいえ、何もしないのは辛い。次に何を残すのか・・この1点。人のありようにもつながる。

2021/03/25

ヒデミン@もも

『コモンの再生』なんて堅いが対象は、メンズファッション雑誌GQの読者。こんなに誰にでもわかりやすく時事問題から他愛のない質問まで、すらすらと。さすが、内田樹さん。新幹線の車内でさえマウンティングを取りたがるオジサンの話や麻生太郎さんの話しとか失笑。迷走する東京五輪まで当ててしまうなんて笑えない。このコロナ禍で、確かに私たちはコモンの必要性を実感した。

2021/01/16

Twakiz

ウチダ先生の本はときどき読んで,自分のものの見かたの浅はかさや狭さを痛感する必要がある.教育や医療や,生活に必須のものも「市場で調達できるもの」「消費するもの」にしてしまった行きすぎた資本経済では共通資本としての「コモン」を失ってしまっているという警鐘が中心のメッセージ.その他,五輪や政治,SNSなどについても「この質問にこんな考え方・回答をするひとがいるのだ」という話が展開される.ウチダ本は難しいものもあるがこれはコラムが元ネタだけあってとてもすっと読みやすい.数年前の話題も十分リーダブル.さすが.

2021/02/01

Tenouji

気軽に読める内容。雑誌「GQ」の読者質問に著者が答える形。とはいえ、グローバル資本主義末期の社会課題が端的に語られていて、読後にジワジワ効いてくるw。個人的には、スマホを日常的に使いながら、未来を感じれない社会って何なんだろう…と考えてしまった。が、この書の「騎士団長殺し」の論考から考えると少し整理できた気がする。IT技術は未来の技術だったのにね。邪悪なものと結びつくとダメ。それを防ぐのは人間の情理なのかもしれない。

2020/11/25

Sakie

GQのQ&A式トーク書き起こし連載。2016年から2020年までで触れられた東京五輪の失敗も、新型コロナのパンデミックも、まさかこのようなことになるとは、と嘆息するしかない。さてベーシック・インカムについてのトピック。ベーシック・インカムが奏功するためには、社会が開放的で流動的である必要があると内田先生は説く。裕福に暮らすには足りない程度の収入が国から支払われるとして、日本人はどのくらいそれを堂々と受け取り、自らの価値を貶めず、利他的になることができるのだろう。私の今までの想像は楽観に過ぎたのか。

2021/08/26

感想・レビューをもっと見る