読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コモンの再生

コモンの再生

コモンの再生

作家
内田樹
出版社
文藝春秋
発売日
2020-11-07
ISBN
9784163912929
amazonで購入する Kindle版を購入する

コモンの再生 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tenouji

気軽に読める内容。雑誌「GQ」の読者質問に著者が答える形。とはいえ、グローバル資本主義末期の社会課題が端的に語られていて、読後にジワジワ効いてくるw。個人的には、スマホを日常的に使いながら、未来を感じれない社会って何なんだろう…と考えてしまった。が、この書の「騎士団長殺し」の論考から考えると少し整理できた気がする。IT技術は未来の技術だったのにね。邪悪なものと結びつくとダメ。それを防ぐのは人間の情理なのかもしれない。

2020/11/25

Ryuya Matsumoto

なるほど、ふむふむ、あるある、そうだよねーと、楽しく読みました。

2020/11/23

川獺

あーそうですか、という感じ。

2020/11/22

す○○

内田センセの本は好んで読んでいる。斎藤幸平氏の本で「コモン」に興味を持っていたのでタイムリーなタイトルだった。土地の私的所有を止めたらパラダイムシフトが起こるだろうが、そろそろ成長一辺倒の資本主義も限界だし真剣に新しい世界を模索するもよし。度重なる安倍政権の不祥事は日本にも分断をもたらした。菅政権に変わっても権力の傲慢さは増してるし、政権擁護派から勇ましくも短絡的な意見を目にすると暗澹とした気分になる。そんなときに内田センセの本は救いとなる。

2020/11/21

turnstiles

☆☆☆☆

2020/11/07

感想・レビューをもっと見る