読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

騙る

騙る

騙る

作家
黒川博行
出版社
文藝春秋
発売日
2020-12-14
ISBN
9784163913056
amazonで購入する Kindle版を購入する

騙る / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

黒川 博行は、新作中心に読んでいる作家です。表紙絵から後妻業的な詐欺師の物語かと思いきや、古美術・骨董品騙ミステリ連作短編集でした。オススメは『マケット』です。 https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163913056

2020/12/28

kei302

彫刻の縮小模型、蔵に眠っていた屏風、デッドストックのアロハ…こいつは金になる。だましだまされ、最後に笑うのは誰?著者の十八番、傑作美術ミステリー!(Amazonまま) ホストに騙された姪の玲美のために佐保が一肌脱ぐ、と言っても当然自分の懐も暖まる。うまくいくことがほぼないこのシリーズ。珍しく騙せたパターンの「上代裂」がおもしろかった。美術年報社の菊池と佐保が詐欺を防いだ「鴬文六花形盒子」。きれいに解決して締めくくっているのもよかった。

2020/12/25

しゃが

「騙る」「嵌める」っていう漢字をそらで書けないが、なかみははぴったりの骨董好きには面白い連作短篇集だった。眉唾の骨董類、「掘り出し物」が謳い文句の骨董店主、騙されやすい素人などに更にうさん臭い専門誌の佐保と菊池のコンビが絡んで、「真贋」と「金欲」のウラが描かれている。駆け引きが独特であり、貪欲で、関西人はこんな感じの人ばかり(?)って誤解されそうな出来上がり。が、品々の詳細な説明や古美術に携わる人たちの矜持もしっかり差し込まれていた

2021/01/16

Ayako

古美術業界を舞台にした短編集。掘り出し物を巡り、売り手・買い手だけでなく、何とか利益を得ようと画策する人々。欲丸出しの姿はともすると醜く浅ましく映るものだが、関西弁での会話が小気味良く、微笑ましくすら感じた。騙し合い合戦の末に、最後に勝つのは誰なのか?まさに『騙る』というタイトルがぴったりのスピード感のある展開で、とても楽しめた。特に『マケット』が良かった。

2021/01/24

Nazolove

今までの美術ものをメインテーマにした小説であった。 正直なところ自分自身が美術ものにそこまで興味がないせいか、ちょっとこの物語自体にはまれなかったかなーというのが感想であった。  ただ一個だけ勉強になったのは某鑑定番組でやったー本物ーっていうのもあながち良いことばかりではないな、というのがひとつだけ知識となったことかな、なんて思った。 今までの黒川さんの作品からしたらどちらかというと落ち着いた印象の作品だったな、というのが感想である。 これを機に美術にも興味を持とうかなと思った。

2021/01/10

感想・レビューをもっと見る