読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

息子がいじめの加害者に? 大原さんちの大ピンチ

息子がいじめの加害者に? 大原さんちの大ピンチ

息子がいじめの加害者に? 大原さんちの大ピンチ

作家
大原由軌子
出版社
文藝春秋
発売日
2020-11-12
ISBN
9784163913124
amazonで購入する Kindle版を購入する

息子がいじめの加害者に? 大原さんちの大ピンチ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

新刊。万が一の場合の参考になるかなと購入。話し合いの順番や雰囲気、誠実な対応などは参考になりました。結果、S君母もちょっとおかしかったんだなということは分かりますが、ところどころ違和感というかモヤモヤが残ります。描写がないかもしれないけど「何でうちの子だけ?」というよりまず先に「そうされるだけのことをしてしまったんだよ」と子どもにも理解してもらうのが先では、等々…やんちゃな友達が多い環境故かもしれませんが、行動だけ見たら正常には思えませんでした。旦那さんの行動や言動も、見習おうとは思えず…ちょっと怖い。

2020/11/12

sleep@芒羊會

『こうして冤罪は作られる』といった感じで、息子さん達が受けた仕打ちが理不尽に見えて仕方なかった。それにしても、クレーマーに対して冷静にやり返す旦那さん、強い。

2020/11/14

まわる

漫画は感想上げないことにしているんだけれど、これはおもしろかったので。大原さんご家族、頑張りましたね。きちんと子どもと対峙する。これ、大事です。この内容で880円はお得だと思います。

2021/02/20

チョビ

今の今まで、旦那さん(お父さん)、「やべぇ奴」と思っていたが、今回はそのやべえところが遺憾なく発揮される。…人格破綻者、一家に一台要ということを思い知る。もうねえ、旦那さん怖い(笑)。だけど子供の所業に親が出てくるときって役立たずなのはなぜかわかったし、大原夫妻のように真摯にぶつからない。ゆえん大体の子供は卑屈になって成長する。それをわかっているだろうタケの両親は立派すぎる!あとおまけですが私の経験上、教師の子は大体性格悪い。なんででしょうね。…ねえ、この文章、句読点大丈夫っすか?

2021/01/31

サクラ

自分の子供が加害者になっているわけではないけれど、(てか、いじめの話をここ最近聞いてない)何やら気になって読了。前半しんどくて心が折れそうでした。大原さんの旦那さんのように子供の事でここまで積極的に、かつ冷静に動いてくれるお父さんが世の中にどれほど居るのだろう。私は何よりその事が羨ましかったです。大原さんのご両親のように私は出来ているのか、いないです😵“大きい声を出した者勝ち”は学校に限らずどこの世界でもそうなりますよね…残念なことに。

2021/01/26

感想・レビューをもっと見る