読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

帝国の弔砲

帝国の弔砲

帝国の弔砲

作家
佐々木譲
出版社
文藝春秋
発売日
2021-02-25
ISBN
9784163913315
amazonで購入する Kindle版を購入する

帝国の弔砲 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

佐々木 譲は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、『抵抗都市』に続く、改変歴史SFハードボイルトミステリ、450頁弱、一気に読ませます。更なる続編もあるでしょうか? https://books.bunshun.jp/articles/-/6112?ud_book

2021/04/12

のぶ

第一次世界大戦頃を舞台にした、歴史改変ももの小説。佐々木さんは以前に「抵抗都市」で同じ設定で作品を作っているので、違和感なく物語に入っていく事ができた。主人公は、ロシア沿海州に開拓民として入植した小條夫妻の次男の登志矢。鉄道技能士となって将来に夢を抱いていたが、ロシア帝国軍に徴兵されて前線へ送られて、前線で従軍する事になる。戦乱を生き延びて復員すると、今度はロシアには革命の嵐が吹き荒れ、登志矢もそれに巻き込まれていく。改変なので何でもありかもしれないが、登志矢の生涯は運命に翻弄されっぱなしだった。

2021/03/07

なかなか骨太な歴史小説。もっと生々しさがあってもよかったな。

2021/04/28

はじめさん

戦国時代の草のように、暗殺指令が下るまで東京で市井の民として「眠って」いた男。その正体は、入植者日本人両親のもとロシアで産まれ育った日系人。村での生活から、ロシアと日本開戦による収容所での少年期、工科学校を経て鉄道公社に勤めるも徴兵され、最前線へ…二転三転する政局に翻弄されながら、いかにして冒頭のような身になったのか。ロシアより哀を込めて。/ 極東エリアには普通にアジア系の人たち住んでるものな。ソ連とか聞くと、やっぱAKカラシニコフとか、そんな工業大国のイメージ。架空戦記モノでも北の大国といえばモデルなる

2021/05/04

Ayako

『抵抗都市』に続く歴史改変小説で、日露戦争で日本が負けたという設定の小説だ。前作はミステリーだったが、今回は歴史もの。両親と共にロシア沿海州に入植した登志矢を主人公に、過酷な生活が描かれる。人によって、このシリーズの評価は大きく分かれるようだが、私は好きだ。現実とフィクションをうまく織り混ぜて、読み応えのある作品に仕上がっていると感じた。

2021/04/08

感想・レビューをもっと見る