読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

田舎のポルシェ

田舎のポルシェ

田舎のポルシェ

作家
篠田節子
出版社
文藝春秋
発売日
2021-04-15
ISBN
9784163913551
amazonで購入する Kindle版を購入する

田舎のポルシェ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

篠田 節子は、新作中心に読んでいる作家です。自動車に纏わるロードノベル連作短編集、著者の巧さが光ります。オススメは、表題作『田舎のポルシェ』です。著者が軽トラに重量物を載せて、高速道路を実走していたとは思いませんでした(驚) 但し、軽トラをポルシェとは言ってはいけません。厳格な独逸のポルシェ社が激怒します(笑) https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163913551

2021/05/09

ウッディ

軽トラ、廃車寸前のボルボ、そしてロケバス、車にまつわる3つの短編集。見かけはおんぼろでも、人の人生とともに歩んできた車には沢山の思いが詰まり、密閉された空間の中で数々のドラマが生まれる。友人の車で妻の仕事先まで押しかけたり、クマに遭遇したりと、「ボルボ」は、色んな意味であり得ない話だったような気がしたが、「田舎のポルシェ」「ロケバスアリア」は、ロングドライブで会話する中で、心の距離が縮まっていく感じがよかった。車って、ただの移動する道具ではなく、思い出やドラマや夢を運んでくれていた事に気付かされた。

2021/08/03

いつでも母さん

篠田さん、こういうのも書くのね!?が正直なところ。 頭を空っぽにして読んだ。うん❗️楽しかった。軽トラ·古いボルボ·ロケバスが好い味を醸す短編3話。特に冒頭のタイトル作は考えさせられた。我が家も軽トラックは重宝してるのでその走りに「がんばれ!」って思いながらの読書になった。気になったボルボの夫婦は、あれからどうなっただろう(汗)最後のロケバスのおかん·春江··この先の人生にエールを送りたい。

2021/05/08

モルク

3編の短編集。台風の来るなか、軽トラで東京から岐阜に米を運ぶという表題作。東京ではあるが地方より田舎の東京のとある地、いまだに家長制が色濃く残り女に学歴は不用という実家を高校卒業を機に出た主人公。彼女と軽トラを運転する紫のツナギの男性の距離感がいい。二作目の「ボルボ」が好き。廃車寸前の車で北海道を旅するリタイア男性二人。若いキャリアウーマン妻を熊から守るが、そのためにボルボは無惨な姿に…。妻を追いかける夫、感謝のない妻双方にイライラするも、小説の中に「羆嵐」と「シャトゥーン」が出てきてにんまりヾ(^^ヘ)

2021/10/19

みっちゃん

3つの道行きのお伴は軽トラ、年季の入ったボルボ、そしてロケバス。軽妙で可笑しみもあるけれど、どこか悲哀が滲む。ああ、まさに。人生、いろいろ~…だよなあ。真面目に、必死に生きてきた。だからこれからは!ああ、それなのに…でもどんなにみっともなくて、愚かしく見えようとも。私はあなたたちを労ってあげたいよ。巻末の作者による謝辞には感動。読み終わってわかる、ウィットの効いた装丁もまた良し。

2021/05/31

感想・レビューをもっと見る