読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私が作って私がときめく自家発電ブローチ集

私が作って私がときめく自家発電ブローチ集

私が作って私がときめく自家発電ブローチ集

作家
光浦靖子
出版社
文藝春秋
発売日
2021-05-29
ISBN
9784163913797
amazonで購入する Kindle版を購入する

私が作って私がときめく自家発電ブローチ集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kei

昔から一番好きな女芸人さん。彼女、公立校の学級委員の匂いがぷんぷん。(笑)勉強ができて、真面目で誠実で一生懸命で、皆のことを思い、とってもよい人なのに、どこかしら置き去りにされている、感。今作は、お得意のフェルトの似顔ブローチ集。松本清張記念館に展示されているそうですから、趣味の領域を越えています。顔の特徴を捉えるのは、ある意味、その人の本質を捉えるよう。芸人、文豪、政治家。キャプションが笑えて、納得。手作り品は、愛情の押し売りと自覚して。最近、なんだかすっきりと、学級委員やめたみたい。うん、それもいい。

2021/09/11

ケイプ

光浦さんがこんな才能をお持ちだなんて知りませんでした。ごめんなさい。どのブローチもとてもセンスある発想豊かなものばかり。似てるし。添えられたコメントも笑えます。うちの猫のブローチも欲しい。

2021/11/07

Odd-i

芸は芸でも手芸家・光浦靖子さんの手芸本、堂々たる4作目。今や松本清張記念館からも清張先生のブローチの依頼がくるほどの腕前は、プロ並み、じゃあなくって最早プロのお仕事ですね。 身近な芸人さんに始まり、憧れの女優さん、文豪に政治家さんまで、どれもこれも納得の出来栄えなのはもちろんのこと、各作品に添えられた一言のセンスにも脱帽。中でも私のお気に入りは、何と言っても“年々、顔が険しくなってゆく、おたかさん”!!。 念願のカナダ留学を果たし、バンクーバーでのストレスフリーな日々を満喫しておられるご様子。何よりです。

2021/09/10

ごく

彼女の手芸力が玄人なのは知っていたが”似顔ブローチ”の本人酷似度と精密度に驚愕し、思わず購入。ページを捲る度に驚きと笑いと感動。世界中に素敵なモノが多々あれど、欲しいモノを自分で作れる才能が羨ましい~ 昨年、カナダ留学が延期になってしまったそうだが、世界でも称賛されるであろう素晴らしい作品を製作する機会に恵まれ、今年の夏に渡加できれば、去年よりもずっと楽しい生活が待っているはず。人生、何が功を奏するかわからないのが楽しい。彼女とお友達だったら、誰の似顔ブローチを作ってもらいたいかなぁ…みうらじゅん⁉

2021/06/16

くさてる

このタイトルが完璧。手作りってそれでいいんじゃないですかね、と思いつつも、光浦さんのブローチはクオリティが高いうえにモチーフの選び方が素晴らしいので、読者もときめくのです。とにかく楽しい一冊でした。

2021/07/14

感想・レビューをもっと見る