読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ありがとう、わたし 乃木坂46を卒業して、心理カウンセラーになるまで

ありがとう、わたし 乃木坂46を卒業して、心理カウンセラーになるまで

ありがとう、わたし 乃木坂46を卒業して、心理カウンセラーになるまで

作家
中元日芽香
出版社
文藝春秋
発売日
2021-06-22
ISBN
9784163913919
amazonで購入する Kindle版を購入する

ありがとう、わたし 乃木坂46を卒業して、心理カウンセラーになるまで / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やす

妹の話が出てくるかと読む。妹の面倒をよく見たって記載の見であった。乃木坂46創設メンバーでありながら適応障害で脱退。自分を見つめなおし心理カウンセラーとして再出発するまでの自叙伝。頑張るのは大切だけど度を過ぎてはいけないって誰でも知っていることだがいざ自分がどういうところまで来ているかは壊れてみないと分からないのかもしれない。客観的な視点を持てていればおかしいと分かるのかもしれないが、そこで限界突破と思ってしまってもおかしくはない。恐ろしいことである。

2021/06/27

ぽむはづ。

同年代で適応障害、職業は"先生"という別人格を持つ私は、共感が多かった。辛い過去も、まるで話し言葉のようなフランクさで、深刻でなく読み進めることができた。ツインテのひめたんも好きでした。■気の抜けたところを見られるのが嫌なのです。■加減がわからないのが私です。ほどよく手抜きをするなんて高等テクニックが使えないのだから、故障箇所を見なかったことにするほかありません。■振り返ってみて、やっぱり私のした選択に何一つ後悔はありません!全部正しかったと思いたい。それを証明するのは自分自身の、これからの行いですよね。

2021/06/28

ハッピー

乃木坂46で活動していた際ひめたんの苦労話とその後表舞台に出なくなりカウンセラーという仕事を選択した今までの数年間を記した中元日芽香の1冊.久しぶりにひめたんに出会えて良かった!そして乃木どこ,乃木坂工事中のひめたんの出番をまた観たくなりました!

2021/07/03

Yanabod

書店の新刊にあり、一気読み。とても読みやすく、特に今アイドルをしている人にぜひ読んでほしい内容。若くして仕事をするなかでの喜びや悩み、そして気づきが丁寧に語られ、心理カウンセラーになってから過去と向き合うことで更に前に進む姿はすごいことであり、読み手として勉強になった。アイドルとはまた違う形でプロとしてこれからも活躍してほしいです。

2021/06/19

たか

アイドルという常に見られ比較される職業の 大変さを改めて感じた。臨床心理士などに相談する のはハードルも感じていたが、自分だけで考えを 狭めるより話を聞いてもらう事で解決できる事も あるから活用することも大事なんだなと感じた

2021/07/03

感想・レビューをもっと見る