読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紅だ!

紅だ!

紅だ!

作家
桜庭一樹
出版社
文藝春秋
発売日
2022-07-25
ISBN
9784163915692
amazonで購入する Kindle版を購入する

紅だ! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

桜庭 一樹は、新作中心に読んでいる作家です。 主人公のキャラは好いと思うのですが、肝心の物語が内容的にもボリューム的にも物足りない感じでした。 著者は、X-JAPANのファンでしょうか❓ https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163915692

2022/08/10

のぶ

文章や作品世界は間違いなく桜庭さんのものなのだが、今回の内容は弾け飛んでいた。真田紅と相棒の黒川橡は、東京の新大久保に「道明寺探偵屋」なる事務所を構える。そこは大きく変貌しようとしている町だった。この事務所は探偵屋で探偵業以外でもいろんな仕事の依頼が舞い込んでくる。ある日の事、ハイタカと名乗った少女は、物騒な連中に追われている成り行きで用心棒を引き受けてしまった紅は、ハイタカに襲い掛かる者どもを撃退する。一風変わったハードボイルドのようなアクションエンタメのような。ぶっ飛び過ぎてついていけなかった。

2022/08/07

たいぱぱ

僕の求めている桜庭さんではなかった…。重たすぎる自伝的小説『少女を埋める』の後でこういう軽いスカッとするエンタメを書いてリフレッシュしたかったのかもしれませんね。しかしながら相変わらずキャラが個性溢れてて、相変わらず名前も個性溢れてて覚えやすい(笑)。しかし!橡(つるばみ)なんて読めないよ!ずっと(ぞう)って読んでたよ!主人公のテコンドー元オリンピック選手の女性・真田紅は宝塚の匂いがプンプンする。真田の赤備えと掛けてるんでしょう。次は『赤朽葉家の伝説』みたいな話を期待してます。

2022/08/31

itico

ラノベ風の軽いやつ。探偵稼業の紅(くれない)が成り行きで少女を助け、成り行きでボディーガードを依頼されるところから始まるドタバタ痛快アクションとでも言おうか。紅と相棒の橡(つるばみ)のぎくしゃくした関係の理由が明かされつつ、謎多き少女の正体も次第に分かってくる。続編があっても良い気がする。

2022/08/01

花ママ

桜庭さんにはたくさんの作品があるが、今までなぜかスルーして、これが初読みでした。サクサク読めて面白かったです。テコンドーのオリンピック選手だった紅と、元警視庁に勤務していた頭脳派の橡(ツルバミ、なじみなくて、なかなか読みが定着しなかった)この対照的な2人が、亡き道明寺葉から引き継いだ〈道明寺探偵屋〉に、若い女性から厄介な依頼が舞い込み、紅と橡が事件に巻き込まれていくというもの。続編が出たら読みます。

2022/08/31

感想・レビューをもっと見る