読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私だけ年を取っているみたいだ。 ヤングケアラーの再生日記

私だけ年を取っているみたいだ。 ヤングケアラーの再生日記

私だけ年を取っているみたいだ。 ヤングケアラーの再生日記

作家
水谷緑
出版社
文藝春秋
発売日
2022-10-21
ISBN
9784163916149
amazonで購入する Kindle版を購入する

「私だけ年を取っているみたいだ。 ヤングケアラーの再生日記」のおすすめレビュー

母は統合失調症。家族のために私は幼少期を捨てた――実話をもとにヤングケアラーのSOSを訴える『私だけ年を取っているみたいだ。 ヤングケアラーの再生日記』

『私だけ年を取っているみたいだ。 ヤングケアラーの再生日記』(水谷緑/文藝春秋)

 本来、大人が担う家事や家族の世話などを、日常的に行わざるを得ないヤングケアラー。彼らが発するSOSは近年、メディアなどで取り上げられるようになってきたが、自分がヤングケアラーであることに気づかず、子どもらしい日常を奪われている子は、まだ多い。

『私だけ年を取っているみたいだ。 ヤングケアラーの再生日記』(文藝春秋)は、そんな現状の深刻さを痛感させられる作品だ。

 作者は、徹底した取材のもと、精神科のリアルな現場を新人看護師の目線で描いた『精神科ナースになったわけ』(イースト・プレス)を手掛けた、水谷緑氏。

 本作も、2年以上の当事者取材をもとに生み出されており、ヤングケアラーとして感情を押し殺しながら生きてきた主人公の心理描写が胸を突く。

家事と母の世話を担ってきたヤングケアラーが“自分”を取り戻すまで  ゆいは幼稚園の頃から、母に代わって家事をこなしてきた。母は、ゆいが2歳の頃に統合失調症を発症。家庭内で暴れ、体調が悪い時には包丁を持ち出すこともある。

 そんな姿を見ても、…

2022/10/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

私だけ年を取っているみたいだ。 ヤングケアラーの再生日記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

MI

ヤングケアラーとは本来親が担っている家事を子どもが大半担っている人。ヤングケアラーの半生をわかりやすくマンガで書かれた本。テレビや本で少し読んだことがあったが、本書を読んで 特に成長したあと、結婚、出産をへて、子育てをする中で、自分の幼少期の苦い思い出と重なり、成人になってからの方が、心のケアが大変だということを学んだ。感情を押し殺して成長してきたため、自分の感情を押し殺してきた。親と離れて生活をするようになり、自分がやりたいことがわからない。生活支援のこと、生きづらさのことをよく知ることができた。

2023/01/27

山口透析鉄

試し読みで冒頭50ページほどだけ読みましたが、かなりリアルで切実で、解説文も含め、良かったですね。 母親が典型的な統合失調症では、幼い子どもはなす術もないでしょうね。 個人でできることには限界がありますからね。 で、今の学校という世間レベルの前近代的な組織に埋もれて何ら疑問を感じていない大人では、こういう家庭をどうこう援助する、はあり得ないでしょうし……家族幻想を未だ振りまく反社会的カルトも連想しますね。 父親の問題等もあるのでしょうが、やはりやるせないです。政治の貧困でもあるでしょうし。

2023/01/12

香菜子(かなこ・Kanako)

私だけ年を取っているみたいだ。 ヤングケアラーの再生日記。水谷 緑先生の著書。統合失調症の家族、無関心の家族、特別扱いの家族、 認知症の家族。そんな家族に囲まれたら責任感の強い人はヤングケアラーになってしまうのは当然のこと。統合失調症の家族、無関心の家族、特別扱いの家族、 認知症の家族に囲まれてもヤングケアラーにならずにすべての責任を放棄してしまっても無責任なんて言われる筋合いはない。ヤングケアラーとしてつらい生活を送っているならヤングケアラーとしての生活がつらいと正直に言ってしまうこと。

2022/12/16

こばゆみ

タイトル通り、ヤングケアラーが置かれた状況を、分かりやすく漫画にした一冊。家庭に大きな問題のあった子どもが、成長してやっと独り立ちできたと思ったら、他の同世代の人たちと馴染めなくて苦労する話は他でも聞いたことがある。こうなる前に助けてあげたいけれど、「家庭の問題」に外部が首を突っ込みづらいのは自ら経験済み。この本の特に良いところは助けになってくれる団体や窓口が巻末に紹介されているところ。

2022/11/26

二人娘の父

宗教2世が広まる以前から一部で社会問題化していた「ヤングケアラー」。本書はそのテーマを正面から描く。すべてのエピソードは事実に基づくものであるとのこと。衝撃的である。宗教2世やDV、虐待問題もそうだが、「家庭」の中のことはどうしても外部には分かりにくく、潜在化しやすい。そしして深刻化もしやすいと思う。子どもの成長途上で起きるだけに、子どもは当事者意識を持てないでいることが、非常によく分かる。一部宗教と政権党が「家庭」に固執することの気味悪さを、違った視点から提供する良書。広く読まれてほしい。

2023/02/03

感想・レビューをもっと見る