読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」 (文春新書 924)

劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」 (文春新書 924)

劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」 (文春新書 924)

作家
浅利慶太
出版社
文藝春秋
発売日
2013-07-19
ISBN
9784166609246
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

なぜ四季のセリフは聞きやすいのか――。創立60周年を迎えた日本を代表する劇団「劇団四季」は、他の新劇と比べてセリフの聞き取りやすさに定評があります。その秘密は「母音法」「呼吸法」「フレージング法」という独自のメソッド。言葉に対する探求の積み重ねが生んだ賜物といえるでしょう。それを会得することは、一般の人々にとっても、対人関係やビジネスの現場において第一印象がよくなり、思っていることを正確に伝えられるといったメリットがあります。そしてある種の健康法としても。創設者・浅利慶太氏が、そのメソッドを余すところなく初公開します!

劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」 (文春新書 924) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

奥澤啓

劇団四季の稽古風景をテレビで見たことがあり、発声訓練法に興味を覚えていたところこの本に出会った。セリフの母音だけを抽出し、大きく口を開けて発音する。その訓練に習熟したところで発声することで聞こえがよくなり、セリフ全体が明瞭に聞き取れるようになるというのだ。外国語の教育音声学にも同様の訓練がある。母音・子音の調音からはじめて、同化現象、単語、文等へと進め、イントネーションやアクセントへと広げていく。音節の認識もとても大切だ。俳優も外国語学習も発音訓練では同じなのだ。外国語を勉強する人にもこの本は役立つ。

2015/05/27

あちゃくん

劇団四季の伝わる話し方を主宰の浅利さんが解説した本です。劇団四季の言葉に対するこだわりが感じられて良かったです。「母音法」「呼吸法」「フレージング法」と具体的なメソッドが解説されていて、すぐにでも実生活で応用できる内容です。特に母音法については、最期に小学校で授業する際の台本までついています。欲を言えば、(本で実現するのはなかなか難しいと思いますが)「フレージング法」についてより突っ込んだ解説があるとよかったと思いました。

2013/08/20

壱萬縁冊

普段から砕けた言葉ばかり使っている人は、場や相手によって言葉を使い分けるということができなくなります(17頁)。この指摘は、KYにもつながると思うが、配慮ができるかどうかと思われる。発声、声の出し方(20頁)に問題のある人のダメ出しがある。呼吸では吐き切ることが重要という(100頁)。遺伝すれば、私は呼吸には不安がある。ランニングが苦手だったから。言葉に対するイメージを育てるためには、本を読むこと以上に効果的な方法はありません。

2015/01/21

Takeya

なぜ劇団四季のセリフは美しく聞き取りやすいのか―。秘密は、創立60年の歴史が生んだ独自の「母音法」「呼吸法」「フレージング法」というメソッドにある。言葉が明瞭に伝わることで、第一印象がよくなる。そして健康法としても使える画期的な方法を初公開。

2018/10/13

りえこ

とてもわかりやすくメソッドの説明がされていて良かったです。

2014/05/16

感想・レビューをもっと見る