読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)

作家
エマニュエル・トッド
堀茂樹
出版社
文藝春秋
発売日
2015-05-20
ISBN
9784166610242
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

ドイツがEU内での脅威になっているという分析を初めて聴いた。著者がフランス人だからかフランス人に対して苦言を呈している論調に感じた。ドイツと言えばEUの盟主として踏ん張っているイメージがあるが実のところドイツも帝国主義的に影響を強めているのだと思った。

2015/05/30

Miyoshi Hirotaka

ドイツというシステムは驚異的なエネルギーを生み出す。これを制御しうるのはロシアとアメリカ。前回、同盟国日本とアメリカの開戦が、ロシアを助け、第三帝国は滅亡。ところが、今度は一発も撃たずに、第四帝国ともいうべきドイツ圏が成立している。イギリス、ギリシア、ハンガリーでEU脱退論が起きるのは、ドイツ流の統制で戦争なき独裁が行われることへの警戒感がある。過去には、ヴィルヘルム2世、ヒトラーが他国の既得権と衝突し、二度の大戦の原因を作った。ドイツのメンタルな硬直性とリーダーの心理的不安もヨーロッパの懸念要素だ。

2015/12/26

もりやまたけよし

ユーロを上手く利用しているドイツにそれを作ったフランスというくだりがあった。トッドはフランス政府に文句を言っているだけかな。人口学とか人類学の学者が言うべき問題か疑問だ。

2020/11/06

舟江

著者のドキュメンタリー番組を見て、気になり、そのうちの一冊を選んだ。既にフランスには、ジャック・アタリ、トマ・ピケティと有名な経済学者がおるが、何でこの様に予想屋みたいな学者がいるのであろうか?そして訳者もいまいちであった。

2016/12/03

thayami

人口学的指標を通した仏独露の距離感。歴史と文化の交錯。出生率、失業率、経済成長率も考慮したヒト・モノ・カネの資源争奪戦。「人口チャート」が”体制”を示唆!?ビスマルクvs.ウィルヘルム二世の件も、立ち位置をイメージしやすい。一方、「3種類のデモクラシー」などに散見される著者の”思い”が、若干客観性を薄めている印象。加えて、4つの主要政策の「デフォルト」は、若干腹に落ちないなぁ。EUという”共和国”への警鐘であり革新的な提言と解釈すべきかもしれない。

2016/02/24

感想・レビューをもっと見る