読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)

作家
井上智洋
出版社
文藝春秋
発売日
2016-07-21
ISBN
9784166610914
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

小説を書いたり、囲碁で世界的な強豪を負かしたりと、AIが目覚しい発展を遂げています。このまま技術開発が進んでいくとどうなるか……。
著者は「2030年には人間並みの知性を持ったAIが登場する可能性がある」と指摘。そうなるとホワイトカラー事務職は真っ先に職を奪われ、医者も弁護士も失業の危機に瀕するでしょう。「最大で人口の9割が失業する可能性もある」と著者は推定しています。

では、一部の資本家以外は飢えて死ぬしかないのでしょうか? AIによって奪われた労働は、BI(ベーシックインカム)で補完しよう!
それが著者の提言です。AIの発達が人類の幸福へつながるためにはどうすればいいのか。気鋭の経済学者の大胆予測。

【目次】
第1章 人類 vs. 機械
「ターミネーター」は現実化するのか?/よみがえる技術的失業/なくなる職業 など
第2章 人工知能はどのように進化するか?
ディープラーニングによるブレイクスルー/ロボットの身体感覚/AIは将棋盤をひっくり返すか? など
第3章 イノベーション・経済成長・技術的失業
日本は衰退する運命にあるのか/第二次産業革命の終わりとポストモダン/AIは雇用を奪うか? など
第4章 第二の大分岐――第四次産業革命後の経済――
第四次産業革命をめぐる覇権争い/全人口の1割しか働かない未来/全ての労働者は飢えて死ぬ など
第5章 なぜ人工知能にベーシックインカムが必要なのか?
生活保護は労働者を救うか?/ベーシックインカムとは何か/財源が問題ではない理由 など

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kawai Hideki

大学時代に人工知能を研究し、現在はマクロ経済学を研究している大学の先生が描く、シンギュラリティ後の雇用大崩壊の世界。人工知能に90%の職を奪われた後に、経済がどのように変化するか、人間はどうやって生きていけばいいか、の思考実験は面白かったが、仮定している前提条件が段落ごとにコロコロ変わってしまって、議論が大雑把過ぎるのが難点。ベーシックインカム的な制度が有効だと言うが、月7万円支給を前提に試算して、これで大丈夫と言われてもなあ…という感じ。有用性への偏向を批判したあとがきは良かった。

2016/12/16

めだか

ヘリマネの財源にそのうちロボット1台につき税金をかけることになるかもしれない。自動車税ではなく自動運転AI税とか・・・・ 私が生きているうちは汎用AIに出会うことはなさそうだが。

2016/12/12

R

AIでBI(ベーシック・インカム)というお話。AIによってなくなる仕事と、新たにできる仕事という話はよくあるAI話と同じなのだけども、その中で人間をどう生かしていくかを考えると、経済的には生活保護や年金といった言葉とも言い換えられるベーシックインカムを導入することで解決するという論調。個人的にベーシックインカムには懐疑的なので、そういうものかなと思いながら読んだのだけども、高度な社会主義に到達できる可能性なんかも示唆されていて、なかなか面白かった。

2018/10/10

ハッシー

★★★★★ AIの進化について、単純化せず、論理的に予測していることに感銘を受けた。悲観論や楽観論が多くあるなか、説得力のある進化予測であり、腹に落ちた。

2018/05/23

Susumu Tokushige

AIとAIが発展した未来の経済について解説。人類対機械、人工知能の進化、第四次産業革命後、BI(ベーシックインカム)の必要性が非常に解りやすく纏められている。引用する情報も多岐に渡る。2ちゃんねるからも引用しているのは珍しい。汎用AIを造る方法として、全脳エミュレーション(神経系ネットワーク構造を再現)と、全脳アーキテクチャ(機能を再現し結合)の違いは本書でようやく理解することができた。本書では「BIなきAIはディストピア。BIのあるAIはユートピア。」とあるが、そこで人間らしい生き方が出来るのかは疑問。

2017/10/14

感想・レビューをもっと見る