読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

新装版 昭和史発掘 (1) (文春文庫)

新装版 昭和史発掘 (1) (文春文庫)

新装版 昭和史発掘 (1) (文春文庫)

作家
松本清張
出版社
文藝春秋
発売日
2005-03-10
ISBN
9784167106997
amazonで購入する

新装版 昭和史発掘 (1) (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遥かなる想い

松本清張の労作。戦前の 事件の闇を描く。 日本史で習った内容が 深堀されるようで、 面白い。一巻は田中義一の 陸軍機密費横領疑惑、 政友会の二大事件を追っていた石田検事の怪死、 昭和初期の朝鮮人への 感情が伺える朴烈大逆事件、芥川龍之介の自殺の背景、北原二等卒の直訴…いずれも 昭和初期の風景が読者に伝わってくる

2014/10/20

てん

歴史は好きだが、昭和史には疎い。大正時代から第二次大戦終結までの間については本当に疎い。ここに掲載されている事件についてはほとんど知らなかった。著作にするためにどれほどの調査をしたことかと圧倒される。著作の一つ、北原二等兵の直訴について、その時代の天皇の位置、存在感は現代から見ると信じがたいほどだ。芥川龍之介の自殺の原因を推測しているが、芥川の知らない一面がわかって面白かった。最終巻まで読むしかない。

2018/08/03

橙(だいだい)

松本清張の本を読むのは初めて。文章上手いなあ、しかも政治的、社会的な事件を深く掘り下げているのに、感情があまり入っていないところもいい。昭和史と言ってもこの巻では、大正から昭和初期の重大事件で、清張が意味を感じる5つを取り上げ、その背景をミステリーのように探っている。弱気を挫き、強き者が悪を隠蔽した時代。日本人として知るべきことを知ることができる一冊だと思う。7巻くらいまであるので次が楽しみ。

2015/10/11

佐島楓@執筆中

こんなの教科書に載ってないよ! というような内容。謀殺とか横領とか政治的圧力とか、今も完全にない事件とは言い切れない。「芥川龍之介の死」がお目当てだったが、ほかの項目にも充分ひきつけられた。しかし芥川は女性が好きだったのは知っていたが、恋愛に翻弄もされていたのね。人間性が垣間見られた感じ。

2012/03/26

KAZOO

全9巻の昭和史発掘を読んでいこうと思っています。かなり清張の力の入った作品で未発表資料などもかなり使用し取材も行ったということです。第1巻は、「陸軍機密費問題」「石田検事の怪死」「朴烈大逆事件」「芥川龍之介の死」「北原二等卒の直訴」と5つの話を収めています。清張の力の入っているのは最初や最後のものでしょうが、私の個人的には芥川龍之介のものが興味深く、この作家の知らない側面を知ることができました。

2014/08/29

感想・レビューをもっと見る