読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

行動学入門 (文春文庫)

行動学入門 (文春文庫)

行動学入門 (文春文庫)

作家
三島由紀夫
出版社
文藝春秋
発売日
1974-10-25
ISBN
9784167124014
amazonで購入する

行動学入門 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たーぼー

執筆当時の世相に触れている部分が興味深い。旅客船を乗っ取り人質をとりライフル銃を乱射し警察官に射殺された青年に行動の前提となる計画性は無くとも、それは理解や合理性の範疇を超越した一つの行動であったことは事実だろう。一方、よど号ハイジャック事件によって起こされた法の蹂躙の重大さは理解できるのだが理論に武装されたインテリ赤軍集団に行動の神秘性が見出せないという点では三島に同意。昭和45年に起きた二つの事件に何か共通点が有るとしても検証しても只、堂々巡りだろう。答えはむしろ同年11月25日の市ヶ谷にあったのか。

2015/05/24

ばりぼー

30年ぶりの再読。実家の物置から出てきた文庫本で、大学の卒論資料として使ったため、傍線だらけです。自決直前の「軽いエッセイ」をまとめものですが、切腹の誘惑にとりつかれた三島が、至る所で本音を漏らして、まるで自決の予告をしているかのようです。そして、これが口述筆記だというのが驚きで、こんな流麗な理路整然とした日本語をさらっと操ってしまうのが凄い!「行動は一瞬に火花のように炸裂しながら、長い人生を要約する不思議な力を持っている」というあたりに、芸術家である三島の、サムライへの強烈な憧れを読み取れます。

2013/11/25

終わりの美学はどれも表現が面白くてわかりやすく、さすがと思えました。陽明学の章は難しかったが学生時代に授業で習った言葉もちらほら出てきて今しっかりと勉強できました!陽明学って非常に哲学的なんですね。

2013/01/29

ももたろう

「若者よ、モヤシのようなインテリになるな!行動を忘れ、いたずらに弁舌だけが横行する現代の風潮を憂えた三島が、行動の美学を綴ったエッセイ」とあとがきにある通りの内容『金閣寺』の柏木のような弁舌の発達したインテリモヤシ男になりたくないと改めて感じた。いや、正確に言えばインテリには絶対になれないけど(笑)非常に重要な示唆に富んでいる。頭で考えてばかりで動かない私のような人間には、必読の作品。夏目漱石の作品には、知性の発達した頭でっかちがたくさん出てくるが、それと真反対に位置する。行動することそれ自体が美となる。

2016/11/20

のっち♬

「行動は一瞬に火花のように炸裂しながら、長い人生を要約するふしぎな力を持っている」行動学入門、おわりの美学、革命哲学としての陽明学、それぞれが別々のアプローチで彼の行動哲学としてエッセイ化されている。そのどこか皮肉でユーモラスな語り口の中にも彼の人生観、死生観、国家観などが随所に現れている。思想は行動を伴わなければ何の意味も持たないのだと。若者よ、「将来のために「個性の救命具」を用意するようなみみっちい真似は、若いうちからしないでほしい」三島の遺言とも取れる本書の存在は、時を経た現在にも重くのしかかる。

2020/01/10

感想・レビューをもっと見る