読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三屋清左衛門残日録 (文春文庫)

三屋清左衛門残日録 (文春文庫)

三屋清左衛門残日録 (文春文庫)

作家
藤沢周平
出版社
文藝春秋
発売日
1992-09-10
ISBN
9784167192273
amazonで購入する Kindle版を購入する

三屋清左衛門残日録 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

【海坂藩城下町 第5回読書の集い「冬」】三家清左衛門、城勤め用人まで務めた身だが、今は息子に家督を譲って、悠々自適の身。お江戸の中の面倒ごとが、彼のもとに持ち込まれる。清左衛門の人柄と機転にまず惹き込まれる。優しい家族に恵まれ(嫁の里江は、わたし的・影の主人公)、なお他人から頼りにされる彼は、理想の老後を送っていると言えるだろう。周平っちの代表作と言われるのもうなずける。ただわたしはやはり、女性目線の他作品に軍配をあげたい。里江目線での短編集があったなら、さぞかし読み応えのあるものになったろう。

2020/01/06

ヴェネツィア

1月26日は寒梅忌であったらしい(読友の松風さんのご教示)。誰が名付けたのか寒梅忌というのは、まことに藤沢周平にこそふさわしいと思う。人は命日を自分では選べないのだが。少しずれてしまったのだが、遅ればせながら寒梅忌にちなんで藤沢作品をと本書を選んだ。本編は著者の還暦前後に執筆されている。篇中の「梅咲くころ」の清左衛門などは、作家本人を思わせるようで、ふと読者の微笑みを誘うかのようだ。作品は15の短篇が集積した物語集で、いずれも捨て難い趣きを持つが、「白い顔」の完成度が最も高いようだ。

2014/01/28

yoshida

藩の用人まで立身し、家督を譲り隠居した三屋清左衛門。釣りに道場通いなど悠々自適の生活を送るはずが、気がつけば藩の派閥争いに巻き込まれてゆき。円熟の藤沢周平作品。面白いです。掌編が繋がり、一冊の長編として読めます。朋輩との友情、美しい自然の描写、季節の料理の描写、人情の機微、剣撃のやり取り、淡い恋、藩を揺るがす政変等、藤沢周平さんの作品の魅力がしっかりと詰まっています。三屋と「涌井」のみさの淡い恋。隠居したとはいえ、なお健在な三屋。そして希望に溢れたラスト。三屋のような良い歳の取り方をしたい。満足の作品。

2017/01/22

ぶち

[海坂藩城下町第5回読書の集い「冬」参加中] 『蝉しぐれ』で江戸ではなく山や川に囲まれた国元という設定にすっかり嵌ってしまいました。この作品もそんな田園に囲まれた城下に似つかわしく、隠居した老人が主人公です。隠居した身でありながら様々な事柄で頼られる存在である主人公は、私から見ると理想的な老後を送っているようです。私もそう遠くない将来には現役を退くときが否応なくやってきます。その時、私は一線を退いた寂しさに耐えられるのでしょうか....この作品はそんな私にとってとても示唆に富んいて、考えさせられました。

2020/01/04

佐々陽太朗(K.Tsubota)

人にはそれぞれの生き様がある。されば自ずと老い方も様々である。書を読み、身体を動かし、釣りを楽しみ、たまに行きつけの居酒屋で旬を味わい酒を飲む。そうしたささやかな営みに幸せを感じる。そんな「老い」が人生の締めくくりにふさわしい。しかしふさわしく老いることは思いのほか難しそうだ。

2015/01/17

感想・レビューをもっと見る