読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

新装版 父の詫び状 (文春文庫)

新装版 父の詫び状 (文春文庫)

新装版 父の詫び状 (文春文庫)

作家
向田邦子
出版社
文藝春秋
発売日
2005-08-03
ISBN
9784167277215
amazonで購入する

「新装版 父の詫び状 (文春文庫)」のおすすめレビュー

向田邦子を知っていますか? 今読む理由がある、名作3選!

(c)文藝春秋 エネルギッシュに仕事に励み、おしゃれでグルメ、スポーツ万能。両親が結婚しろと言うのもはねつけて、青山に買ったマンションで、愛する猫たちと暮らす──そんな女性がいると言えば、「かっこいい人だね。友達?」という声が聞こえてきそうだ。しかしこの人物は、昭和4年生まれ、存命なら88歳。数々の名作を残した向田邦子の生きざまは、現代を生きる私たちにとっても、憧れや指針となりうる。彼女が売れっ子文筆家として花開くまでを追いながら、向田邦子という人がわかる3冊を紹介したい。

■食いしん坊だった少女時代を懐かしむエッセイ集『父の詫び状』

『父の詫び状』(文藝春秋)

 向田邦子初のエッセイ集『父の詫び状』(文藝春秋)は、読んだことがある人、タイトルを聞いたことがある人も多いだろう。エッセイの傑作と言われる本書は、邦子が「白い木綿糸を通した針で、黒くしめった地面を突くようにして桜の花びらを集め、腕輪や首飾りを作」っていた、少女時代の出来事を描き出す。収められた24篇の中では、タイトルのとおり、父の姿が印象的だ。

「わが家の遠足のお弁当は、海苔巻であった。 …

2018/3/31

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

新装版 父の詫び状 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

戦前からの昭和の家族を描いたエッセイ集。滋味深い文章。綺麗で趣のある日本語に、過ぎ去った昭和の懐かしい匂いがする。作者が戦前に子供時代を過ごし、当時の昭和の生活が分かり実に新鮮な読書体験となった。頑固な父と、咄嗟の時に動く母の姿も読んでいて好ましい。思うのは人生の不思議な巡り合わせ。作者一家は東京大空襲の被害に遭うが、奇跡的に自宅は焼け残り家族も無事であった。この結果が変われば、例えば両親の庇護が無くなれば困難な戦後を迎えただろう。まさかの日航機事故での急逝も人生の綾かも知れない。素敵なエッセイ集です。

2018/08/18

zero1

私にとって向田の文章は手本。簡素で無駄がない。直木賞作家というより、「ドラマの人」だった彼女のエッセイは情景が目に浮かぶ。頑固な父親の拳骨で育った長女。高松や鹿児島の景色。空襲の後、芋の天ぷらと白飯がごちそう。そして鰻を鮮烈に記憶している。カレーの郷愁と海苔巻の端が好き。黒柳徹子の9分にわたる長編留守電。すべてがドラマ的。不吉なのが澤地久枝とアマゾン旅行。飛行機が墜落したらダイヤの指輪を物々交換して生き延びるという話。後に向田は台湾での航空機事故で亡くなっている。失って初めて文化的損失が分かる。

2018/12/23

masa@レビューお休み中

子どもの頃は存在も知らないまま、なぜか亡くなったときの報道だけ覚えている。そんな向田さんの作品に去年から触れるようになった。気づくと小説だけではなく、インタビュー集や、このエッセイ集まで手にしていた。もちろんどの話も秀逸で面白いのだが、どこかフィクションとは異なる寂しさの余韻が付きまとうような気がした。隣人や友人家族の死、父や家族との思い出、子どもの頃に食べた美味しいもの。寂しさというのは後悔から生まれるのかもしれない。できなかったことを思い返す、亡き人を思い出す。残されたものの宿命なのかもしれないが…。

2017/04/20

nanako

「突然現れてほとんど名人である」と評された向田さんのエッセイ集。子供時代の家庭の回想を中心に日常的な話題を綴っているが、一話一話のなかに挿入された複数のエピソードが、一見何の関係もないようでいて、最後に見事に一点に収束していく様は、なるほど見事としか言いようがない。場面転換の鮮やかさや、目の前にありありと映像が細部まで浮かぶ描写は、放送作家ならではの名人芸なのかもしれない。戦前の、TVもなかった時代の生活史としても非常に楽しめる。「お辞儀」「子供たちの夜」「ねずみ花火」「昔カレー」「卵とわたし」が好き。

2018/02/05

はる

昭和の雰囲気が懐かしいです。向田さんが家族について、人生の中で出逢った思い出に残る人びとについて綴ったエッセイ。時には可笑しく、時には哀しく。戦前の市井の一家族の姿が生き生きと描かれています。向田さんの熟練した筆致が小気味いい。どの章も締めが抜群に巧いですね。最後の一文が何とも言えない余韻を残します。昭和は遠くなりにけり。「ご不浄」とか、今は使わなくなりましたね。

2018/06/25

感想・レビューをもっと見る