読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Me―キャサリン・ヘプバーン自伝〈下〉 (文春文庫)

Me―キャサリン・ヘプバーン自伝〈下〉 (文春文庫)

Me―キャサリン・ヘプバーン自伝〈下〉 (文春文庫)

作家
キャサリン・ヘプバーン
Katharine Hepburn
芝山幹郎
出版社
文藝春秋
発売日
0000-00-00
ISBN
9784167309848
amazonで購入する

Me―キャサリン・ヘプバーン自伝〈下〉 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

coolmonster

下巻の読みどころは何と言っても、スペンサー・トレーシーとの愛情。彼に対する無償とも思える愛は、トレーシーに妻がいたにも拘らず、崇高なものに思える。そして、訳者の芝山氏の解説と年表がとても詳細で、今まで見た作品も見直したくなる。キャサリン・ヘプバーンという人物を知るには役に立つ自伝だった。

2014/05/26

Zen-zen

日本人には観ることのできない舞台の思い出や、ヘプバーンには自明でもこちらにはよくわからないことが多いので、少しとっつきにくい部分はある。だけど両親の話や、もちろんスペンサー・トレイシーとの関係についての話は面白い。ジョージ・キューカーとの共闘関係もよくわかる。

2011/08/05

STARGAZER

キャサリン・ヘプバーン自伝の下巻は、映画に関するエピソードが少なく、私生活の日常的な描写が多い。 ただ、巻末というか下巻の後半半分ぐらいのページで「時系列にケイトの演技歴」が補足付きで記されており、これが良かった。

2017/02/21

感想・レビューをもっと見る