読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君美わしく―戦後日本映画女優讃 (文春文庫)

君美わしく―戦後日本映画女優讃 (文春文庫)

君美わしく―戦後日本映画女優讃 (文春文庫)

作家
川本三郎
出版社
文藝春秋
発売日
0000-00-00
ISBN
9784167641016
amazonで購入する

君美わしく―戦後日本映画女優讃 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

桑畑みの吉

1995年から雑誌に掲載されたものを1996年単行本として出版。2000年4月刊行の本書はその文庫化である。インタビューに登場する17名の女優たち殆どが日本映画黄金期の昭和20年代~30年代を中心に活躍した。1995年当時で既にレジェンド級の女優ばかりである。その中で私はあえて前田通子さんに注目したい。「裾をまくれ」という監督の指示に従わなかったとして、1957年に映画会社から不当に解雇された女優である。川本氏が10年以上も申し込み続けてやっと実現したインタビュー、解雇の経緯やその後の苦労が印象に残った。

2022/04/21

グラコロ

脇目もふらずもっぱら洋画ばかり観ていた私を、強力にぐいっと振り向かせてくれたひと。感謝します。 グラコロ堂〈人生で影響を受けた100冊〉 https://bookmeter.com/users/626279/bookcases/11552173

2014/05/21

hart

高峰秀子·淡島千景·山田五十鈴·若尾文子など、戦後日本映画黄金期を代表する名女優へのインタビューを通して、それぞれの戦中·戦後 女優を生きぬく姿を浮かび上がらす。「二十四の瞳」「浮雲」女優嫌いの大女優、高峰秀子さんの何と魅力的なことか。憧れの大女優達に会うなんて羨ましいですね。川本さんは、かつての親友の中·高·大同期。その縁で一度だけ電話で話した。作品を読む度、川本さんほど 本を読み映画を観る人がいるのかと驚く。文学·映画·東京·旅など評論·エッセイすべて面白い。

2021/12/18

kauai9696

年齢を重ねても みなさん 今でも 充分美しい。個性が はっきりしていて いい。 映画という非日常世界で さまざまな作品を激動(戦争)の日本の時代の流れとともに 演じきってきた。今は このような大物女優と言われる人は 吉永小百合くらいかな。

2012/08/08

tkm66

資料

2003/04/23

感想・レビューをもっと見る