読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ガセネッタ&(と)シモネッタ (文春文庫)

ガセネッタ&(と)シモネッタ (文春文庫)

ガセネッタ&(と)シモネッタ (文春文庫)

作家
米原万里
出版社
文藝春秋
発売日
2003-06-01
ISBN
9784167671013
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

もし、あなたが同時通訳者だとして、現場で突然「他人のフンドシで相撲を取る」という表現が出てきたら、どう訳します?時間はないし、誤訳も困る。同時通訳は、次にどんな言葉が出てくるかわからない、スリル満点ストレス強烈な世界。そのストレス解消のため、国際化社会に欠かせない重職でありながら、同時通訳者の仕事には爆笑がつきもの。国際会議の舞台裏から、ロシアの小話や業界笑い話、柳瀬尚紀・永井愛氏との充実のコトバ対談まで、抱腹絶倒のエッセイ集!

ガセネッタ&(と)シモネッタ (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

様々な媒体に書かれた、通訳にまつわるエッセイ及び雑感等の諸々。タイトルからも明らかなように、『不実な美女…』などと比べると、文体も内容もグッと軽い。米原万里さんも売文業に慣れてきたというべきか、あるいは、ギョーカイの垢に染まったと見えなくもない。もつとも、ここで語られているのは、我々には想像も及ばないような、熾烈な通訳業の世界。心拍数は160にも達するらしい。過酷だけど、それを補って余りある世界経験ということなのだろう。なお、言語学の入門書としての役割や機能もあって、時々はアカデミックだったりもする。

2014/10/16

kinkin

面白そうなところだけつまみ読み。それでも十分楽しめた。今日のぶぶ漬けとイタリア男という話はなるほどと感心したし、同時通訳でいちばん大変なのは冗談やダジャレといった国の言葉や文化・流行を背景にしたものは尚更のようだ。同時通訳というのは聞き手に理解してもらうと同時に堅苦しくてもいけないしその逆も程度の問題ということ、まして難しいといわれるロシア語という言葉なら尚更だと思う。また翻訳ということについてもいろいろと書かれている。米原万里さんは早くに亡くなられたことが残念・・図書館本

2017/05/03

おいしゃん

ロシア語同時通訳である著者の、通訳にまつわるエピソードの数々。先日渋谷で米原万里展を見てきたので、より楽しめた。大胆で、頭の回転が早く、鋼のような心臓を持った著者だからこそ、通訳という高プレッシャーな仕事を楽しめたのだと納得。

2017/04/21

鱒子

痛快!キレのいい文章とロシア語同時通訳の独特な視点。個人的にはもうちょっとシモネッタが多い方が嬉しかったです。ダジャレは言語の壁を超えられず閉塞的になるが、下ネタは世界共通。それなのに通訳業者たちは一様にダジャレも大好きだそうです。言葉に対する意識が高い方たちばかりだからかな。エッセイなのにワールドワイドで示唆に富んだ一冊です。

2018/10/01

VACABOND@ Vitamin❣(^^)v

通訳者が”気の利いたセリフ”に訳しているのを上手いなぁと思っていました。やっぱり年がら年中そんな事考えているのでしょうな(笑)  勿論、経験と機転の良さがあるからですが。  エッセイ集だし、クスッとしながら楽しんで読めました。

2015/04/19

感想・レビューをもっと見る