読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

星月夜の夢がたり (文春文庫)

星月夜の夢がたり (文春文庫)

星月夜の夢がたり (文春文庫)

作家
光原百合
鯰江 光二
出版社
文藝春秋
発売日
2007-07-10
ISBN
9784167717346
amazonで購入する

星月夜の夢がたり (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Rin

光原さんのメルヘン。寂しい時、つらい時、孤独な時に読みたくなるような不思議なショートショート。ちょっぴりぞくりとするもの、暖かくなるもの、くすりと笑顔が零れそうになるもの。バリエーションに富んで柔らかな絵も添えられていて、月夜に少しずつ読み進めたくなる物語の数々。昔ながらの耳なし芳一や天の羽衣なども別の視点から描かれていたりするので、わくわくしながら読むことができる。大人だけでなく子どもが読んでもきっと、心に届くものがあるはずだと思えるお話も。また手にしたくなる瞬間が来るはず。大切にしたい一冊です。

2016/10/16

アイゼナハ@灯れ松明の火

光原百合さんの「メルヘン」(幻想味の強い掌編小説のことをこう呼ぶのだそうです)を集めた作品集。文庫なのに、とても素敵なカラーイラストが添えられていていい感じです。一つ一つのお話は短いのですが、相変らず心の柔らかいところにそっと触れてくる感じが心地よく、優しい気持ちに浸らせてもらいました。切ない系のいいお話が多い中で誠に恐縮なのですが、個人的には『ぬらりひょんのひみつ』がツボにはまりました。こういうユーモア、好きだなぁ。

2011/01/08

昼夜

この本にはいろんな登場人物がいてそれぞれの生活、孤独があってそれでいいのだと言われてる気がしました。今の私はそれが普通だとわかるけど中高時代に出会っていたら大切なバイブルになっていただろうなと思いました。胸の中の背中を丸めた子どもな自分を後ろから抱きしめられている気分で心地よかったです。

2013/01/30

瑪瑙(サードニックス)

ファンタジーかと思ったのですが、ホラー的な話もありました。一番印象に残ったのは『天馬の涙』どうやら私は切ない話が好きなようです。いろんな童話や昔話のその後が書かれてあるもの面白かったです。【2019年花鳥風月読書会】参加にて読了

2019/12/03

あつひめ

心を休めたい時に読むのにいいような気がした。物語と挿絵の美しさ。最近では病んでいる大人が多い。人を罵り愚痴をこぼし・・・自分の事は棚に上げて人ばかりを批判する、そんな偏った心を物語の裏に流れるメロディで鎮めてみたらどうだろう。夢に入る前のひと時・・・心を穏やかにするために。眠りにつく本として手元に置きたい一冊。

2010/08/09

感想・レビューをもっと見る