読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

光野桃コレクション おしゃれの視線・私のスタイルを探して (文春文庫)

光野桃コレクション おしゃれの視線・私のスタイルを探して (文春文庫)

光野桃コレクション おしゃれの視線・私のスタイルを探して (文春文庫)

作家
光野桃
出版社
文藝春秋
発売日
2009-06-10
ISBN
9784167753863
amazonで購入する

光野桃コレクション おしゃれの視線・私のスタイルを探して (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっぴ

エッセイ、タイトルが内容を示していて、作者の考えるおしゃれとスタイル(法則?)についての本です。いわゆる流行を書いたファッションの雑誌とは一線を引き、各国で出会った人や知り合った日本人(外国人の事を書く事で逆に日本人についての記事?話?コラム?が光る)の「スタイル」について書いています。またスタイルを手に入れる方法や過程を本当に細やかに書いていて、その内容は驚異的!で本当に驚きました。。また作者が登場人物のファッションや印象を書いていますがとっても詳しく印象的に書いていて、素晴らしい。良書です。

2014/02/27

フワさんに読書会で「私のスタイルを探して」をオススメされて、読みました。学ぶことがとても多かったです。自分の美意識を持つこと、まだまだ難しいですが少しずつ見つけて行けたらな、と思いました。何度でも読み返したいです。

2013/12/11

enamel

ファッション誌を買うのをやめた。街へ出ると、流行りを追うのはやめたのに流行りとは関係のない服を手に入れることがいかに困難か思い知らされる―――ちょうど、自分がそういう状態のときに読んだので面白く読めた。スタイルを持つことがいかに難しいか。ただ、悲観するのではなくだからこそ、そこに至るまでの道のりが楽しいのだと励ましてくれる。時を経ても、紹介されているミラノのマダムの着こなしはどれも素敵でスナップを見ているようで愉しい。2冊が1冊になっていることもあり、お得感も満点。

2009/06/16

ちあき

有隣堂目黒で購入。表紙のセンスがよくて好き。これ1冊でファッション誌10冊分の価値はある。

2009/07/01

むー

もう何年も読み返している一冊。こうすればオシャレ!的なハウツー本ではなくて、もっと根本的な、装いを通しての自分のあり方、他者との関わり方を考えさせてくれる。服装に人柄や生き方がにじみ出ている素敵な老若男女が登場し、それを綴る光野さんの文章もとても瑞々しくて美しい。読んだ後、背筋を伸ばして歩きたくなる大好きなエッセイ。

感想・レビューをもっと見る