読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ハリウッド映画で学べる現代思想 映画の構造分析 (文春文庫)

ハリウッド映画で学べる現代思想 映画の構造分析 (文春文庫)

ハリウッド映画で学べる現代思想 映画の構造分析 (文春文庫)

作家
内田樹
出版社
文藝春秋
発売日
2011-04-08
ISBN
9784167801250
amazonで購入する

ハリウッド映画で学べる現代思想 映画の構造分析 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

harass

個人的にもう読まなくていいかと思う著者であるが、一応目を通したかったでようやく借りる。2001年ごろの講義を膨らませた長めの論と二つの短いエッセイの三本。ラカンの概念などの実例を映画から見るのだが、いまさらのフロイトの性的象徴を出されると、ハア、とため息がでてしまう。まあほかの部分はなるほどと感じるところもあり、売れる著者の語り口の巧さもわかる。知的好奇心をくすぐる暇つぶしの読み物として良いのではないかと。書かれているように、この種類の映画本はあまり無いのでその価値はあるのは確か。

2018/07/08

Gatsby

優れた読み手にかかると、小説は作者が意識した以上のことが解釈されるものだが、映画も同じことが言える。この本で素材にされる映画をすべてよく知っているわけではないが、「現代思想の術語を駆使した映画批評の本」ではなくて、「映画的知識を駆使した現代思想の入門書」であるという本書のコンセプトはよく理解できた。「知る」とは「物語る」ことであり、物語抜きの知は存在しない、という言葉をマーク。人間が思考するということは、「お話を一つ思いつく」ということ… またひとつ賢くなったような気にさせてくれる本であった。

2011/05/12

たかやん

映画について無性におしゃべりしたくなるときがある。先日『エイリアン』を再鑑賞したときもそう。[①アッシュ(アンドロイド)がリプリーを襲う奇妙な手段(丸めた雑誌を口に押し込む)、②脱出シャトルの不要な積荷]疑問だった二点そのまま、本書では映画の本筋とは関係ない"メタ・テクスト"として解説されるので大変有難い。他に大脱走や北北西に進路を取れ・ゴーストバスターズなども。3章のアメリカへの視座は著者ならでは。西部劇映画に登場する女性のほとんどが娼婦、それが何を意味するのか…好物だけにこれから見方が激変しそう。

2017/08/17

misui

映画の読解を通して現代思想を紹介する一冊。と言いつつ、やっぱりこれは映画評論かな。フロイト-ラカンの精神分析的な読みは手放しで賛成することはできないので、そこは留保付きで読み進めた(やはり「物語」として楽しむものだと思う)。なんにしろ、多様な解釈を許す作品は良作ということで。バルトの映画論、マクガフィンに関しては今後映画を観るにあたって役立ちそう。また、「アメリカン・ミソジニー」の章は内田樹の話芸が冴えてます。

2014/01/07

映画作品を、それがある一義的な意味に収束していくのを妨げるかのような「反-物語的」な「鈍い意味」をもつモチーフに注目して読み解く……と述べている箇所は面白い。けれど、具体的にフロイトの理論を使って『エイリアン』やら『大脱走』やらを分析している箇所は古臭くてかなわない。特になんでもかんでも性的なモチーフとして扱っちゃう批評はぶっちゃけキモイ(実際に『エイリアン』が性的なイメージで充溢した映画とは言え)。やはり物語のレベルでしか映画を語っていない批評は片手落ち感があると思った。

2018/09/15

感想・レビューをもっと見る