読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

氷平線 (文春文庫)

氷平線 (文春文庫)

氷平線 (文春文庫)

作家
桜木紫乃
出版社
文藝春秋
発売日
2012-04-10
ISBN
9784167836016
amazonで購入する Kindle版を購入する

氷平線 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

釧路をはじめ道東を舞台に描かれた6つの短篇を収録。中には、例えば「霧繭」のように道東であることの必然性の乏しいものもあるが、他は概ねこの地の風土を反映している。とりわけそれが顕著なのは、冒頭に置かれた「雪虫」であり、そこには世代の苦しみと、もうどうしようもない逼塞感の中に喘ぐ姿がある。また、道東ならではの流氷を背景に描かれた表題作「氷平線」は、作りこみ過ぎたがためにエンターテインメント小説としてはともかく、文学としての純度は低くなってしまったが、それでもそこにはこの作者特有の作品世界が展開する。

2019/03/18

サム・ミイラ

男性の私は女性との違いを言い聞かされてきました。先輩にもメディアにも。いわく女性は過去を綺麗に忘れ二度とふり返らない。女々しいのは男。女性は未来に男性は過去に生きる云々。しかしこの小説を読んだ時、男女に違いはないのだと確信しました。人は同じように痛みや苦しみを抱え生きている。各々の出会いと別れと愛の形。ひとつだけ言えるのは精神年齢はやはり女性が圧倒的に上。男は幼い。でもいつか理屈ではなく分かる時はくる。それが生きるという事なのだと。表題作はじめ全ての物語に共通する作者のメッセージに心震える傑作です。

2018/08/05

yoshida

桜木紫乃さんのデビュー作。短編6編。ほの暗い道東の空気のもと、男女の機微が描かれる。特に感じるのは女性のしなやかさ強さ。標題作での母の行動。そして友江の行動。どちらも主人公を思ってのことと思う。しかし、母の言葉を受けた友江の心中はいかばかりか。「雪虫」での四季子との訣別とマリーとの未来を感じるラスト。「霧繭」での真紀の矜持。やよいの覚悟。どの作品も感情の生々しさが質感を持って伝わる。常識では考えられないような登場人物の心の揺らぎ。これを自然に読ませる筆力が桜木紫乃さんの作品の魅力なのかも知れない。良作。

2018/12/24

しんたろー

読友さんが絶賛する桜木さんのデビュー作。なるほど…6つの短編が静かに胸に迫ってくる…まるで、セピア色した古い写真を観るような懐かしさを覚えるのは何故なのか?又は、ベタベタと情感を描いている訳ではないのに、何故か男女の哀歌が聴こえてくる。それは、どの話も閉塞した土地に関連した切ないテーマでありながら、女性の逞しさが根底にあるからなのかも知れないし、女性らしい感性に裏打ちされた文章だからなのだろう。「ラブ・ハードボイルド」というジャンルがあるなら、桜木さんはその筆頭とも言える。やはり、女性には敵わないなぁ。

2018/08/26

やっさん

★★★★ 桜木紫乃のデビュー作。紫乃さんの描く女性は、不幸だけど強い。報われないけど哀れでない。性的描写も独特で、素朴なのに艶かしい。知らない世界を実体験したかのような不思議な読後感。

2019/04/16

感想・レビューをもっと見る