読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ビーンボール スポーツ代理人・善場圭一の事件簿 (文春文庫)

ビーンボール スポーツ代理人・善場圭一の事件簿 (文春文庫)

ビーンボール スポーツ代理人・善場圭一の事件簿 (文春文庫)

作家
本城雅人
出版社
文藝春秋
発売日
2014-03-07
ISBN
9784167900540
amazonで購入する Kindle版を購入する

ビーンボール スポーツ代理人・善場圭一の事件簿 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Masaaki Kaneda

相変わらず本城さんのスポーツ小説は着眼点が違って面白い 一般的に放送、報道されない裏側(色んな意味で)が見れて面白いです

2017/05/21

おくりゆう

「ゼニバ」と揶揄される代理人、善場圭一の事件簿と副題に銘打たれたようにプロ野球を舞台としたスポーツ・ミステリ。ミステリとしてというより、前読んだ「ノーバディノウズ」と同じく、野球界、外界の決して綺麗事ではない部分が徐々に浮き彫りになっていく様はスリリングでした。野球そのものの描写は少なくとも設定は緻密でその点も好みです。

2014/03/16

Kaz

代理人の話として、細部に光るものはあったが、事件の動機や殺人の過程に無理がありすぎて物語に入り込めず。本城作品としては、いまいちだった。

2015/04/07

しんこい

野球の代理人の話に、人探し、過去探索のミステリー風味が絡み、スポーツカメラマンの仕事ぶりといったこねたも中々でした。スポーツ小説ではないですね。

2014/09/28

くりのすけ

元プロ野球選手の代理人が、球団との年俸交渉でフロントを締め上げるのだが、その交渉術が、野球さながらの心理戦に仕上がっていて興味深かった。単なるスポーツ小説ではなく、冒頭の二軍戦のシーンが、後半の意外な結末で真相が明らかになるという野球ネタを仕込んだスポーツミステリに仕上がっている。次回作に期待したい作品だ。

2014/03/13

感想・レビューをもっと見る