読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

親子の肖像 アナザーフェイス Ø (文春文庫 と 24-7)

親子の肖像 アナザーフェイス Ø (文春文庫 と 24-7)

親子の肖像 アナザーフェイス Ø (文春文庫 と 24-7)

作家
堂場瞬一
出版社
文藝春秋
発売日
2014-10-10
ISBN
9784167901974
amazonで購入する Kindle版を購入する

親子の肖像 アナザーフェイス Ø (文春文庫 と 24-7) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

s-kozy

短編集。アナザーフェイスのエピソード0です。優斗の誕生の頃からの話。なので奈緒さんも生きています。時系列を追って話が進むので奈緒さんとの別れ、鉄と優斗の再スタートも描かれております。6編ある短編はそこそこというところか。横山秀夫ほどの巧さ、鮮やかさ、面白さはありません。ということで本シリーズが好きな方は必読、そうでない方には特にオススメするほどではありません。まあ、そういう評価です。

2017/07/07

Tsuyoshi

アナザーシリーズ外伝的短編。優斗の誕生、奈緒の事故死、捜査一課から刑事総務課への異動、福原からの捜査司令、時系列に起きたエピソードが綴られている。大友はもちろんシリーズ登場人物達の若き日の様子が垣間見れて面白かった。

2017/11/29

ゆみねこ

シングルファザー刑事大友鉄の成り立ちが分かる特別外伝。奈緒さんを亡くした直後の幼稚園での事件解決はちょっと読んでいて切なかったですね。しかし、本人も気づかない特殊能力?読んでいてあまり顕著に感じないのは私だけでしょうか。まあ、シリーズなので読み続けますが。さて、次は高速の罠ですね。予約待ち中です。

2015/04/18

あかは

アナザーフェイス外伝。時系列にそって若い頃のテツが語られる。対談も収録。新鮮だったけれど、やっぱり、短編より長編の方がいいなぁ。テツって若いときから女性専門みたいな言われ方してたんだなぁ、と苦笑。久しぶりにの福原一課長が嬉しかった。全体的に事件は起きたけれど、ほほえましい感じがしました。

2017/07/23

シ也

アナザーフェイスシリーズ、エピソード0。今回はそれぞれ大友が捜査一課に異動する直前、捜査一課時代、奥さんが事故に遭った直後、そして刑総課に写ってからの最初のリハビリが描かれていて、なんとも興味深い。長編での大友しか知らなかったので、結構良いお父さんやってるんだなぁ...と驚き。何より福原さんがまだ捜査一課長やってて、結構すごい指揮官だったのかと絶句

2016/02/15

感想・レビューをもっと見る