読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

俺の遺言 幻の「週刊文春」世紀末コラム (文春文庫)

俺の遺言 幻の「週刊文春」世紀末コラム (文春文庫)

俺の遺言 幻の「週刊文春」世紀末コラム (文春文庫)

作家
野坂昭如
坪内祐三
出版社
文藝春秋
発売日
2016-12-01
ISBN
9784167907624
amazonで購入する

俺の遺言 幻の「週刊文春」世紀末コラム (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

イコ

火垂るの墓の作家です、タレントとして記憶されている人もいるかもしれませんが、私にとっては超傑作の骨餓身峠死人葛の作家だ、世紀末辺りのコラムをまとめた本、コラムの最後に年月日が書いているので何となくあの時かーと分かるが、その時の記憶がない若い人たちには分かりにくそう、どちらかと言うと左寄りなのだろうけど、割と全方位に色々言っていてポジショントークになってない、今から振り返ると疑問に思うこともあるが、それはご愛嬌か、池田大作に触れるところは流石、コラムでも文体が変わらないのも流石、才能に溢れた人であった。

2019/01/07

感想・レビューをもっと見る