読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

きみは赤ちゃん (文春文庫)

きみは赤ちゃん (文春文庫)

きみは赤ちゃん (文春文庫)

作家
川上未映子
出版社
文藝春秋
発売日
2017-05-10
ISBN
9784167908577
amazonで購入する Kindle版を購入する

きみは赤ちゃん (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

川上未映子は、夫婦(夫は阿部和重)共々新作中心に読んでいる作家です。本書は単行本で読み損ねて今回文庫版が出版されたので読みました。出産・子育てに関するエッセイなのかなぁと思って読み始めましたが、著者の出産・子育の実録物でかなり重い内容です。著者は色んな危機を回避して、現在は順調に子育てしているようで安心しました。出産・子育もプラスマイナスありますが、トータルではプラスだと思われるので、本書を読んで子供を産む人が増えることを期待しています。川上未映子は、夫を『あべちゃん』と呼んでいるんですね(笑)

2017/07/03

蓮子

タイトルに惹かれて読みました。芥川賞作家である著者の、妊娠から出産までを鋭い観察眼で描いた笑って泣けるエッセイ。読むと本当に子供を産み、育てると言うことは、文字通り命がけなのだなぁとしみじみ感じました。私にも1歳になった甥っ子がいて抱っこしたり、あやしたりしたけれど、大きくなる頃には彼は忘れているんだなと思うととてつもなく寂しい気持ちに。それが親となるときっともっと寂しいんだろうな。あと、社会全体がもっと子育てしやすい環境になることも喫緊の課題だと感じました。無痛分娩ももっと広く認知されて欲しい部分です。

2017/06/29

カブ

芥川賞作家が描く、妊娠、出産、育児エッセイ。作家の目で見たこと感じたこと考えたことが冷静に綴られているのかと思いきや…。出産、子育ては遠い彼方となってしまいましたが、当時、感動したこと、悩んだことなどを思い出しました。この子に会えてよかった。命の尊さを感じる一冊。

2017/06/10

抹茶モナカ

川上未映子さんの妊娠から出産までのエッセイ。ユーモアを交えて綴っているので、基本、楽しく読める。妊娠は女性がするものなので、女性じゃないと、読み方の深度が違うかもしれないけれど、男性が読んでも面白い本じゃないかな。子供を持てない独身男性の僕は、少し、読んでいて寂しくなったけど。

2017/06/28

りいこ

自分もこんなふうに、愛されながら生まれ、育ててもらったのかなと想像すると、それだけでもう涙がこぼれそうになる。「きみに会えて本当にうれしい」「早く大きく、ゆっくりなってな」こんなシンプルな言葉たちがものすごく輝いて聞こえる。妊娠も出産も私にとってはまだ未知の世界。でもいつか、妊娠をのぞむ日が来ると思う。そしてもし自分のお腹に赤ちゃんを宿すことができたら、きっときっとまたこの本を大事に読むだろう。

2017/06/07

感想・レビューをもっと見る