読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

歴史・時代小説 縦横無尽の読みくらべガイド (文春文庫)

歴史・時代小説 縦横無尽の読みくらべガイド (文春文庫)

歴史・時代小説 縦横無尽の読みくらべガイド (文春文庫)

作家
大矢博子
出版社
文藝春秋
発売日
2017-10-06
ISBN
9784167909345
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

紹介した作家176人! 取り上げた作品488作!

時代小説大好き――だけれど次に何を読めばいいのかわからない。
そんなひとのために「次の一冊」を教えてくれる歴史・時代小説ガイド決定版。

書店の店頭をにぎわせる時代小説に歴史小説。巨匠から新進気鋭の書き手までがひしめく中で、「何を読めばいいのかわからない」という悩みをかかえる読者は多いはず。そんな読者のために、「三国志読み比べ」「関ヶ原の小説あれこれ」「幕末」といったワンテーマの読み比べから、大河ドラマや時代劇の原作や原案となった小説、果ては「江戸のお花見」「和菓子の話」「僧侶モテモテ小説」など歴史トリビアにまつわる時代小説まで、いま時代小説について楽しく紹介させたら日本一の大矢博子氏が楽しそうにオススメします! もちろん歴史女子たちが萌える「新撰組」も。

ほかに司馬遼太郎・池波正太郎・藤沢周平・平岩弓枝といった巨匠の名作の紹介、書き下ろし時代小説シリーズについても「歴史・剣豪編」「市井・人情編」の2タイプにわけて紹介しています。

歴史・時代小説 縦横無尽の読みくらべガイド (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とん大西

真面目なんだかフザケてるんだか(多分、大真面目にフザケてるんでしょう(^o^;))。面白かったです。歴史読書漫談のトークライブみたいな心地よさ。ジャンルも豊富、切り口もアバンギャルド、紹介作品も数多ありで守備範囲も広がりそう…。何より、失笑ギリギリの各タイトルがハマる!馬鹿馬鹿しいと思いながらも吹き出してもうたょ。★『武器用ですから』…これ、一番ツボやった…。

2018/05/15

aqua_33

ちょいちょい読むようになった歴史・時代小説。そんな中、読メでこのような本があるのを知り、手に取りました。まず目次タイトルが「そして輝くウルトラ僧」だの「三国な戦士のテーゼ」など全てが駄洒落となっている。目次を読むだけで「ふふっ」となるのに本文における各小説の紹介口調が何とも面白くて興味を惹き付けられる。これ、図書館本だけど、購入&永久保存決定です。《2018年46冊目》

2018/03/03

えむ女

いや〜〜面白かった。好きな作家さんの小説を一通り読んで次は誰の本に挑戦しようかと思いつつ、迷って、わからなくて、タイトルで決めきれず…だったのでよい指南になった。付箋は数枚だったけど先ずは読まず嫌いだった本を手に入れて楽しみを広げたい。各テーマタイトルが面白くて「どんだけこれに力入れたんだろう」と思った。

2017/12/01

ポチ

ガイドと言うよりエッセイ⁈同じ題材でも作家による違いなどを、わかり易く楽しく紹介していて面白い。大矢さんて面白い人なんですね。

2017/12/24

朝顔

筆者らしい軽快な語り口で読み比べのコメントが面白い。読みたい本、再読、積載本が増えそう。特に“この作家のこれを読め!”が良かった。読まず嫌いをやめて読んでみようかなと思いました。

2018/02/25

感想・レビューをもっと見る