読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

昭和史の10大事件 (文春文庫)

昭和史の10大事件 (文春文庫)

昭和史の10大事件 (文春文庫)

作家
宮部みゆき
半藤 一利
出版社
文藝春秋
発売日
2018-03-09
ISBN
9784167910396
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

昭和史研究家・半藤一利氏と、ベストセラー作家の宮部みゆき氏が、「日本を変えた昭和の10大事件」を選ぶ、昭和史回顧本の決定版。

『日本のいちばん長い日』『昭和史』などで知られる半藤一利氏と、二・二六事件に材をとった歴史ミステリー『蒲生邸事件』の著者・宮部みゆき氏とが、「日本を変えた昭和の10大事件」を巡って徹底討論!

異色の顔合わせは、同じ都立隅田川高校(都立七中)の先輩後輩という間柄から
下町育ちのおふたりならではのザックバランな、歴史をネタにしたおしゃべりです。

二・二六事件や新憲法発布から、半藤氏が参加しそびれたヘルシンキオリンピック、ゴジラ出現、はては日本最初のストリップショーなど、議論は白熱、紛糾。
楽しく読むうちに、「私の10大事件はなにか?」と考えさせられます。

【目次】
1 昭和金融恐慌
2 二・二六事件
3 大政翼賛会と三国同盟
4 東京裁判と戦後改革
5 憲法第九条
6 日本初のヌードショー
7 金閣寺消失とヘルシンキ・オリンピック挑戦
8 第五福竜丸事件と『ゴジラ』
9 高度経済成長と事件――公害問題・安保騒動・新幹線開業
10 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(宮崎勤事件)

昭和史の10大事件 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tetchy

何かの歌詞ではないが、あの日あの時あの場所で起こることで今がある。偶然によって導かれた必然がこの世にはあることを感じさせられる。昭和という時代を10の事件で一連の流れとして読むとそれが実によく解る。2人が殊更に述べているのは歴史は語り継がれることが大事だということ。そして今年平成も幕を閉じようとしている。我々はもうじき平成を振り返るべきだろう。昭和から何を学び、そして教訓として活かしたのか。そして新たに何を生み出したのか。その功罪について検証し、語り継がねばならない。いやあ、実に有意義な読書でした。

2019/02/01

yumiko

実は思っていたのとはちょっと違った。でも違っていたからこそ面白かったし、勉強にもなった。なるほど確かに歴史とは流れで見ていくものなのだ。事件という言葉に捉われることなく、その出来事が歴史の流れの中でどのような位置にあるのか…。それがお二人の軽妙でありながら本質を掴んだ対談ですうっと頭に入ってきた。学校で教えてもらわなかったから、と自らの無知を言い訳しがちな昭和史。この年齢になってそれは流石にもう恥ずかしい。気になるものからでも、少しずつ理解を深めていきたい。昭和史の流れを押さえたい方に是非オススメ♪

2018/03/29

おか

宮部さんと半藤さんの昭和を代表する事件の対談集。半藤さんは昭和5年生まれ そして宮部さんは35年生まれ。昭和15年に結成された大政翼賛会という所謂烏合の衆の政治結社が 東京會舘を接収したという事実と 隣組(トントントンカラリンと🎵知ってます 笑)青年団や婦人会として その形骸が残っている。そして 現在「アメリカに押し付けられた」と強調されがちな憲法第九条の成り立ちにも触れられている。急ぎ足での語り合いですが 色々考えさせられる事件がチョイスされていて 今後の読書にも繋がっていく縁になった。

2018/09/30

TATA

昭和恐慌、2・26事件、東京裁判、現憲法。通説となっていることのうち、真実であることとそうでないことをしっかり理解する必要を強く認識します。ちゃんとした知識を身につけて、下の世代にきちんと伝えていくことが一番大切なことなのだから。そう思わせるきっかけを与えてくれる一冊でした。オススメです!

2018/06/25

佐島楓@勉強中

昭和はとても近い時代なのだということが、半藤氏の言葉によって実感できた。発見がいろいろとあって、良い本。

2018/03/13

感想・レビューをもっと見る