読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

警視庁公安部・青山望 爆裂通貨 (文春文庫 は 41-11 警視庁公安部・青山望)

警視庁公安部・青山望 爆裂通貨 (文春文庫 は 41-11 警視庁公安部・青山望)

警視庁公安部・青山望 爆裂通貨 (文春文庫 は 41-11 警視庁公安部・青山望)

作家
濱嘉之
出版社
文藝春秋
発売日
2018-04-10
ISBN
9784167910457
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

累計九十六万部、書下ろしシリーズ第十一弾!
ハロウィンの渋谷で仮装集団の殺人事件が! しかも被害者は無戸籍者――背後の北朝鮮とテロの予兆を、公安部エース青山は防げるか?

ハロウィンの渋谷で、マリオの仮装で見事な行進をする集団が注目を集めていた。
直後にATM爆破と殺人が同時多発!
しかもハワイでも――これは国際テロの予兆なのか?

警視庁公安部のエース青山望が同期カルテットと共に辣腕を発揮。
日本の隙に忍び寄る北朝鮮の影を追う!
公安を知りすぎた著者の迫真シリーズ第11弾。

警視庁公安部・青山望 爆裂通貨 (文春文庫 は 41-11 警視庁公安部・青山望) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

濱さんの最新作です。表題とは内容は異なっていて、無国籍者問題が中心になっています。作者はよく最近の話題についての勉強をされていてその情報を読者に与えてくれるので勉強になります。話のほうは比較的決着は簡単につくのですが、これらの問題をさまざまな国家が利用しようとしている状況を分析されています。ためになります。

2018/04/18

Yunemo

米国大統領の現実施策等々、ほんとに現実問題をリアルに描かれます。が、何となく、話の展開が纏まらなくなってきてるのでは。との不安感も同時に。渋谷とハワイでの仮装強盗団、無戸籍者の存在、国際テロ問題、北朝鮮の動き、時事問題の解説については切り口の良さに惹き込まれて。カルテットの捜査方法が若干現実離れし始めて、どこに着地点を置くんでしょう。皆が皆、公安思考に陥っていいの。最後に表現されるマイナンバー制度、結局は国が税金の取りこぼしをなくすること。でも、持ってる人からは徴収するのは当然のこと。確かに知識が増えて。

2018/05/28

けんけんだ

時事問題の裏話として面白い。飲んで話すのに知ったかぶりできます。

2018/04/23

まみ〜

シリーズ第11作📖ハロウィンの夜、仮装した人で溢れかえる渋谷の街で、銀行ATM襲撃事件が4件発生💥そして各現場には銃殺体も💥時を同じくして、ハワイでも同様の事件が💥青山は関連を調べるうちに、北朝鮮の影に気づく…💨同じ頃、捜査2課管理官で青山の同期・龍は、クレジットカード詐欺事件の捜査を始める💡北朝鮮、中国、暴力団…。様々な組織の思惑が交錯する中、青山が見た真相とは…⁉️段々スケールが大きくなってるような💦今作も実在の人物や事件を取り上げていて、色々なことを考えさせられました😖

2018/08/05

α0350α

同期カルテット!今回は渋谷とハワイで同じ事件が起こるという謎に挑むというのが面白かったです。相変わらず青山達が優秀過ぎて捜査の過程を見ているだけで楽しめますね。シリーズはまだまだ続きそうなのでこれからも期待して待ちます。

2018/04/22

感想・レビューをもっと見る