読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

トリダシ (文春文庫 ほ 18-4)

トリダシ (文春文庫 ほ 18-4)

トリダシ (文春文庫 ほ 18-4)

作家
本城雅人
出版社
文藝春秋
発売日
2018-04-10
ISBN
9784167910488
amazonで購入する Kindle版を購入する

トリダシ (文春文庫 ほ 18-4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

雲隠れひろ吉

スポーツ新聞(今回は野球担当)の記者たちの熱き戦いの現場を知ることができました。上司・同僚・部下・取材先の選手、あらゆる人物との駆け引きなどが描かれていて、能力・体力・勘の鋭さ等々…多くを兼ね備えていなければ、記者のお仕事は務まらないですね。裏取りも重要不可欠。『とりあえずニュースを出せ』が口癖の鳥飼さん=トリダシ。優秀なぶん敵も多いし疎まれたりするけど、最後には鳥飼さんと共に記事を出したくなる…それだけ魅力ある人物なんです。スクープを勝ち取った笠原さん、女性記者の奮闘も良くて。また本城先生を読みたいです

2018/12/03

matsu04

スポーツ新聞・野球担当の敏腕デスクと記者たちを描いた連作7篇。スクープ合戦がリアルで迫力満点。面白い。そして上手い。ラストは思わず目頭が熱くなる。

2020/01/24

ドリル

★★★

2021/04/13

Fondsaule

★★★★☆「スクープ」「コーチ人事」「勝ち投手」「裏取り」「報復死球」「三勝三敗」「逆転」7話からなる連作短編集。スポーツ新聞記者の抜きつ抜かれつの世界はかなり昭和な感じ。真剣勝負のようであっても、裏の取引があって、そこがまた面白い。

2018/07/20

おつぼねー

100ページで放棄。スポーツ新聞(特に野球)と記者。いけると思ったんだけど...。

2018/07/12

感想・レビューをもっと見る