読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

山本周五郎名品館II 裏の木戸はあいている (文春文庫)

山本周五郎名品館II 裏の木戸はあいている (文春文庫)

山本周五郎名品館II 裏の木戸はあいている (文春文庫)

作家
山本周五郎
沢木耕太郎
出版社
文藝春秋
発売日
2018-05-10
ISBN
9784167910716
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

没後50年、いまもなお読み継がれる巨匠の傑作短篇から、沢木耕太郎が選び抜いた名品。
山本周五郎の世界へ誘う格好の入門書であり、その作家的本質と高みを知ることができる傑作短篇集の第2弾!

生涯、膨大な数の短篇を遺した山本周五郎。 その大半がいまだに読み継がれ、多くの読者に愛され、また後進の作家たちに多大な影響を与え続けている。
市井に生きる庶民の哀歓、弱き者の意地、男と女の不思議など、特に時代小説に傑作が多く、その数も膨大なものがある。

山本周五郎作品に深く傾倒する沢木耕太郎氏が独自の視点と切り口で4巻36篇を選び、各巻の末尾に斬新かつ詳細な解説エッセイを執筆。
第2巻は「彼らを輝かせるもの」と題して、自らも尾崎四郎から「曲軒」とあだ名された周五郎の作品に登場する男女が貫く「意地」をキーワードに、その作品世界に迫る。

本書の収録作は以下の9篇。

「ちいさこべ」(大火の後、孤児を引き取り奮戦する大工とその娘)
「法師川八景」(あえて未婚の母の道を選んだ女)
「よじょう」(世間から宮本武蔵に敵討ちをすると誤解された男)
「榎物語」(将来を誓った男をひたすら待ち続ける女)
「裏の木戸はあいている」(貧民のための「救急箱」の存続が危うくなり……)
「こんち午の日」(嫁に逃げられても年老いた義父母の面倒を見る男)
「橋の下」(果し合いを前にした男に、ある「乞食」が語る話とは)
「ひとでなし」(やさしい男とならずものの間で女は……)
「若き日の摂津守」(生き残るために暗愚を装い続けた若殿)

山本周五郎名品館II 裏の木戸はあいている (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

沢木さん選択による山本周五郎短篇作品集の第2弾めです。今回は人間の意地という側面に焦点を当てられての9つの作品が収められています。意地というとどちらかというとマイナス的なイメージが強いのですが、ここでは人間を成長させていくいい意味での使い方が多いように感じました。既読のものもいくつかあるのですが、「裏の木戸はあいている」という作品がいいと感じました。あと2冊が楽しみです。

2018/06/25

佐々陽太朗(K.Tsubota)

「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」 有名な草枕の一節にもあるとおり、自分の信念や価値観にこだわりを持って生きていくと不自由だ。もっと軽やかな生き方があるし、そのほうが生きて行きやすいことは明らかなのにそれができない。意地というやつである。一般に意地をはるやつは人間が小さい。しかしたとえ死んでも意地をはり通すやつはアッパレである。本書にはそんな人間が織りなす物語九篇が収められている。

2018/07/20

えむ女

短編集。私にとっては硬い文章でスラスラ読めないのだけど、その分じっくり読むことになって情景が広がる。九遍の設定が全部違うのに意地を通した人たちという共通点があり著者はもちろんすごいが編者も偉い!

2018/08/17

yhirose254

山本周五郎はあらゆる賞を辞退した。『それが可能だったのは、・・自分の本を身銭を切って買ってくれる読者に支えられているという自信と自負があったからだと思われる。 私が山本周五郎に惹かれるのは、賞の授受におけるそうした対応のひとつひとつではなく、読者という存在に対して信仰にも近い信頼感を抱きつづけたところである。山本周五郎は、終生、読者に支えられていればいいのだという一点から動こうとしなかった。(p453:解説)』こちらも当時は本屋で買っていた、と弁解させてもらいたい。

2018/09/15

黒豆

名品館Ⅰ おたふく に続く Ⅱ 裏の木戸はあいている 短編9作品。短編ならではの印象深い 作品多々、例えば(ちいさこべ-男気 女気 清々しい)

2018/08/11

感想・レビューをもっと見る