読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

晴れの日には 藍千堂菓子噺 (文春文庫)

晴れの日には 藍千堂菓子噺 (文春文庫)

晴れの日には 藍千堂菓子噺 (文春文庫)

作家
田牧大和
出版社
文藝春秋
発売日
2018-07-10
ISBN
9784167911010
amazonで購入する

晴れの日には 藍千堂菓子噺 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

baba

楽しみにしていた藍千堂シリーズです。菓子にしか興味を見せなかった晴太郎が・・・どこかで読んだようなストリー、そんなわけないよね新刊だし。でも、このデジャヴ感は何。読メ登録しようとして2年前に読んでいた本、なんと文庫での出版と知り納得。

2019/02/17

朝顔

文庫購入を機に再読。☆☆

2019/02/25

はにこ

寝ても覚めてもお菓子のことばかりの兄、晴太郎が恋をした。訳ありなバツイチ子持ち女。恋を成就させるには越えなければならない高いハードルが!藍千堂の二人や久利庵や総左衛門達が一丸となって応援するのが胸アツ。おさっちゃんが可愛らしくてほっこり。続編がすぐに読みたくなった。

2020/12/04

オスカー

一冊まるごと晴太郎兄さんの恋物語だったような~ちょっとうまく人間関係が絡みすぎている気がしないでもないけれど(笑)まぁメデタイかな~。柏餅が食べたくて仕方なくなってしまった! 金平糖を作る大変さは『美味しんぼ』で読んでいたので、ご苦労さんだと思ってしまった。他のお菓子も美味しそう。和菓子のイラストがまたいい。 https://books.bunshun.jp/articles/-/4322

2018/07/30

tom

江戸の時代の菓子職人の物語。大事件は起きるものの、皆さん良い人ばかりで、さいごは大団円。幸せな物語。この作者、続けて読んだのだけど、しばらくお休みすることにしました。

2019/08/17

感想・レビューをもっと見る