読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII (文春文庫)

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII (文春文庫)

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII (文春文庫)

作家
石田衣良
出版社
文藝春秋
発売日
2018-09-04
ISBN
9784167911317
amazonで購入する Kindle版を購入する

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

これも再開してから2作目となっていて同じように4つの話が収められています。表題作が面白くキングなどの登場が最近は多くなってきています。私はテレビドラマは見ない主義ですが、映画でやってくれないかと思っています。私のイメージは主人公が松山ケンイチ、キングが藤原竜也なのですが。

2019/05/29

れみ

IWGPシリーズ12作目。急成長したチェーン店の従業員がビルから飛び降り自殺を図り、ブラック企業の闇に挑むマコトとタカシ(表題作)。作中もそうだけど解説に出てくるブラックバイトの実態にはびっくりする。バブル崩壊とかデフレスパイラルとか少子化とか…ここ2~30年のあれこれのしわ寄せという感じがする。ユーチューブ、廃校舎のアートギャラリーなど…、今らしいテーマのなかにそこに関わる人々の光と闇が描かれ、マコトとタカシの友情とマコトのお母さんのかっこ良さも相変わらずでやっぱり面白かった。

2020/02/22

ゆいまある

いつまでも続くIWGP。私はすっかり年を取ったのにマコトは老けることなく、サザエさんみたい。そういえばサルは出てこなくなり、反社会勢力と組むことがなくなった。これも時代の流れか。表題作、登場人物は正規雇用の社員。精神科心療内科に行って診断書取れば傷病手当貰いながら休めてその間に正気に戻れる。だけど、バイトだと休むと言った瞬間普通は職場と縁が切れるので、だからこそ休めない。そこもブラックなんだけど、そこまで書くにはページが足りなかったんだろう。解説が素晴らしい。そろそろ保育園入れないとか、介護ネタも読みたい

2019/07/28

ワニニ

水戸黄門みたいな⁉️(古っ)安定のマコトとタカシの活躍。イマドキ社会問題をバッサバッサと斬り進み、弱い者を救って行く。ファンタジーでも良いんだよ~。マコトとタカシは、いつまでも池袋のガキのイザコザに頭突っ込んでいて良いんだよ~。だから、マコトん家でクリスマスしたり、(万が一にも)結婚しちゃったりしないでおくれ~。石田衣良も年齢的に厳しいと思うが。あ、いっそマコトとタカシの年齢上げたIWGPっていうのも良いのか?とにかく頑張って書き続けて貰いたい。現実的には解説文のような救いのなさに気が滅入る社会だけれど…

2018/09/21

ゴルフ72

何時ものコンビはやっぱり良いですね~!ブラック企業については、小説なので誇張の感はあるが、近年問題視されているから自然と入っていけた。タカシとおかんのやり取りも最高です。

2018/09/28

感想・レビューをもっと見る