読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スクープのたまご (文春文庫)

スクープのたまご (文春文庫)

スクープのたまご (文春文庫)

作家
大崎梢
出版社
文藝春秋
発売日
2018-09-04
ISBN
9784167911362
amazonで購入する Kindle版を購入する

スクープのたまご (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユメ

忌み嫌う「週刊千石」に異動させられた日向子が自分の仕事の意義を探すうち、私も週刊誌に対する考えを自然と改めさせられていく。小説と週刊誌は同じ役割を担っているのではないか。作中で何度か提示される問いにはっとする。読後も週刊誌のやり方を手放しに肯定する気にはなれない。本書で「週刊千石」がヒーローとなったような感動的なドラマも、現実にはそうそうないだろう。しかし、週刊誌がそういう可能性を持った媒体であることは心に留めておきたいし、何よりさすが大崎さんというすぐれたお仕事小説を堪能させてもらったことは間違いない。

2018/10/02

はるき

 週刊文春が読みたくなる。いや、正直に言おう。「週刊文春が大好きな自分を認めたくなる!!」奇跡的に出版社に入社した日向子。四苦八苦しながら社会人一年目を終えようとした彼女に異動の辞令が・・・・。初めての異動先は悪名高き週刊誌!!地味で真面目な彼女が、仕事にハマっていくいく様が小気味よく痛快でした。面白いです。

2018/09/11

らび

千石社シリーズ第3弾は「週刊千石」の編集部お仕事小説。入社2年目のまだ新人が転属した部署で週刊誌の編集者たちの仕事ぶりが分かりやすくそして、スクープを追い求めた張り込みや執念は刑事か!と思うくらい、週刊誌も志を持っているのか。このたまごがこの先どう育っていくのか、駆け出し記者の奮闘を祈ります。

2018/12/06

香翠

この小さなたまごを日向子と北浜班はどうして行くのだろう?桑原くんは?事件の関係者たちは?週刊誌に対するイメージは変わりつつあるけれど、気になる事はまだまだたくさんある。

2018/11/08

きょん

千石社シリーズの今回の舞台は週刊誌。私も週刊誌は読まない方ですが、主人公の愚直な頑張りを見ていると少し見る目が変わってきたかな。

2018/09/27

感想・レビューをもっと見る